주요 기사 바로가기

韓国・EU首脳会談…文大統領「韓国はグローバルワクチンハブの役割する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.13 08:59
0
先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席に向け英国を訪問している文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日午後に欧州理事会のミシェル常任議長(EU大統領)とフォンデアライエン欧州委員長と会い、グローバルワクチンハブとしての韓国の役割を強調した。今回の会談は2019年12月にEU首脳らが就任した後初めての対面会談だ。これに先立ち双方は昨年6月にオンラインで首脳会談をしている。

文大統領は会談で「いまや防疫を超えてワクチン接種拡大が重要だ。開発途上国に円滑で公平にワクチンを供給しなければならない」と提案したと青瓦台(チョンワデ、大統領府)のパク・ギョンミ報道官が伝えた。

文大統領は続けて「ワクチン開発に対する欧州の先導的能力と韓国の優秀な生産能力を結合しワクチン生産拠点を拡大しなければならない。韓国はグローバルワクチンハブの役割を忠実に遂行するだろう」と強調した。

EU首脳らは韓国がP4Gソウル首脳会議を成功裏に開催した点を祝い、双方は国際社会の炭素中立(カーボンニュートラル)に向けた協力を持続することにした。

文大統領は「EUは『欧州グリーンディール』と『2030デジタル目標』を通じポストコロナを先導している。韓国もやはりグリーンニューディールとデジタルニューディールを推進しながら同じ目標に向かって進んでいる」と説明した。

その上で「EUは低炭素経済、再生エネルギーで優秀な能力を持っており、韓国は水素自動車、電気自動車、エネルギー貯蔵装置、バッテリー、水素経済分野が強みであるだけにシナジー効果を出すことができる」として緊密な協力を提案した。

さらに「韓国とEUは互いに最適なパートナーになるだろう」と説明した。

一方、文大統領は最近の韓半島(朝鮮半島)情勢と韓米首脳会談結果を説明し、EU首脳らは韓半島の平和定着に向けた韓国の努力を支持すると明らかにした。

文大統領はEU首脳らの今年下半期の訪韓を招請し、EU首脳らは謝意とともに訪韓の意志を表明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP