주요 기사 바로가기

文在寅大統領、今月末にコロナワクチン接種か…「G7サミット出席、例外的優先接種対象」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.07 12:35
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新型コロナウイルスワクチンを優先接種するものと観測される。文大統領が6月に英国で開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)首脳会議のため出国を控えているからだ。

新型コロナウイルス予防接種対応推進団のチョン・ギョンシル予防接種管理班長は定例会見で「青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)でサミットのため接種すると明らかにしたものと理解している。国益に関連した必須の公務を遂行するために出国する場合、例外的に優先接種をする内容をすでに発表している。(文大統領も)その手続きに従うものと考える」と話した。

1月28日に保健当局が発表したワクチン接種施行計画によると、必須の公務と主要経済活動のため緊急出国する場合に限り厳格な証明と手続きを踏んで優先接種が可能とされている。

青瓦台は4日、「文大統領は喜んでアストラゼネカのワクチンを接種するという立場」とし、具体的な接種時期については6月11日に英国で開かれるサミットの日程を考慮して決めると明らかにしている。

アストラゼネカのワクチンの場合、8週間間隔で2回接種しなければならない点を考慮すると、文大統領は今月末ごろに1回目の接種をするものとみられる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP