주요 기사 바로가기

歌手BoA、向精神性医薬品密搬入の疑いで不起訴…SMエンタ「ご迷惑をかけて申し訳ない」

ⓒ 中央日報日本語版2021.06.07 10:17
0
海外からゾルピデムなど向精神性医薬品を密かに持ち込もうとした疑いで検察の事情聴取を受けた歌手BoAが不起訴処分を受けたと、所属事務所SMエンターテインメントが明らかにした。

SMエンターテインメントは4日「昨年報じられた当社所属のアーティストBoAの件に対して、検察が5月末に不起訴処分を下した」と明らかにした。

これに先立ち、BoAは所属事務所の日本支社職員を通じて海外で処方されたゾルピデムなど向精神性医薬品を国内職員の名義で持ち込もうとして摘発されたと伝えられた。

SM側はこの日「関連法令を正しく知らず、医薬品に対する許可の手続きを守ることができなかった」と繰り返し明らかにして「BoAと当社職員は医師の処方、国内配送過程、関連法令・手続きの確認に関連して不十分だった部分などに対して詳細にご説明を申し上げ、誠実に事情聴取に臨んだ」と伝えた。

また、「検察ではこれを参酌し、BoAおよび当社職員全員を不起訴処分した」として「多くの方々にご迷惑をおかけして改めて頭を下げて申し訳ないと申し上げたい」とした。

さらに、「今後業務を進める際、当社の役職員が関連法令、手続きなどを正確に熟知して順守することができるようにさらに注意を払う」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手BoA、向精神性医薬品密搬入の疑いで不起訴…SMエンタ「ご迷惑をかけて申し訳ない」

    2021.06.07 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    歌手BoA
    TOP