주요 기사 바로가기

「がん闘病」BoA実兄「心の準備を、と言う医者の冷たい言葉…最大限頑張る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.13 08:07
0
歌手BoA(ボア)の兄でありミュージックビデオ(MV)監督であるクォン・スヌクさんががん闘病の事実を明らかにした後、人々から送られた応援に感謝を伝えた。

12日、クォン監督はインスタグラムに「多くの応援に感謝したい。おかげで本当に多くの元気をもらい、治療はひどく苦痛だが、いただいた元気で最大限一生懸命頑張ろうと思う」という言葉が入った画像を投稿した。

クォン監督は「正直言って、こんなにも多くの人々が応援してくれるとは全く思っていなかったし、治療の事例やいろいろな病院、教授について推薦してもらえるとは思っていなかった」とし「腹膜がんの完全寛解(緩和)事例もあり、私もすぐにこのまま死にたい気持ちは全くないのに、医者がなぜそんなに冷たいのか分からない」と記した。

続いてクォン監督は医者から「この病気が良くなると思いますか。この病気は良くなる病気ではありません」「坑がん治療を始めて良くなったことはありますか。ただ悪化していく症状を遅らせただけです」「最近坑がん薬を変えましたが、この薬にも耐性ができればそろそろ心の準備をしなければならないかもしれません。周辺の整理からそろそろ始めてください」などの言葉を聞いたと伝えた。

あわせて「最近入院したとき、そして別の病院の外来に行ったとき、私の心を深く傷つける言葉を私の面前であんなふうに平然とするので、全くまともな精神状態で生きることができない時間だった」とし「だが、皆さんの応援と助言で最後まで最善を尽くしてあれこれ全部試してみたいと思う」と付け加えた。

これに先立ち、クォン監督は今月10日、「腹膜にがんができ、移転によるステージ4」としながら「予後が良くないのか、現在の期待余命を病院は2~3カ月程度だという」と明らかにして多くの人々を驚かせた。

一方、クォン監督はCM・MV製作会社Metaolozの代表であり、BoAの『Game』やGirl’s Day(ガールズデイ)の『一度だけ抱いて』などを手掛けた有名MV演出家でもある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「がん闘病」BoA実兄「心の準備を、と言う医者の冷たい言葉…最大限頑張る」

    2021.05.13 08:07
    뉴스 메뉴 보기
    歌手BoAの兄でありミュージックビデオ(MV)監督のクォン・スヌクさん(40)。[写真 インスタグラム]
    TOP