주요 기사 바로가기

韓国次期大統領候補、両者対決では尹錫悦氏43.8%・李在明氏34.1%…格差はさらに広がる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.04 11:55
0
尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏43.8%、李在明(イ・ジェミョン)氏34.1%。尹錫悦前検察総長と李在明京畿道(キョンギド)知事を両者対決にして実施した世論調査の結果が4日、発表された。

アールアンドサーチが毎日経済・MBNの依頼で1~2日、全国18才以上1044人を対象に調査を実施した。仮想の両者対決で尹氏は43.8%、李氏は34.1%の支持を得た。9.7%ポイントの差だ。

年齢別では20代以下と60代以上の有権者では尹氏が、反対に40代と50代では李知事を支持した回答が多かった。

与党の候補選好度調査では、李知事が32.2%で2位である共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)前代表(13.2%)を大きくリードした。秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官が5.1%、丁世均(チョン・セギュン)前首相は4.2%で後に続いた。

全野党陣営では、尹氏が37.9%で大きくリードしている中、無所属の洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員(10.3%)、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表(6.4%)、ユ・スンミン前議員(6.0%)、元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道(チェジュド)知事(4.0%)、チェ・ジェヒョン監査院長(2.5%)などが競合している。

今回の調査の標本誤差は95%信頼水準に±3.0%ポイントだ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会のホームペーで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国次期大統領候補、両者対決では尹錫悦氏43.8%・李在明氏34.1%…格差はさらに広がる

    2021.06.04 11:55
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦氏
    TOP