주요 기사 바로가기

「バイデン大統領、韓米首脳会談で菅首相の合流を推進…韓国の反対で白紙化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.04 06:46
0
ジョー・バイデン米国行政府が先月21日開かれた韓米首脳会談に菅義偉首相を合流させて韓日米3カ国首脳会談を開催しようとしたが、韓国政府が難色を示して失敗に終わったと3日、共同通信が報じた。

この日、共同通信は複数の日米関係当局者を引用して「米国側が4月16日ワシントンで日米首脳会談を終えて間もない4月下旬に、菅義偉首相の再訪米を日本政府に打診していたことが3日分かった」として「韓国で『韓米首脳会談が(韓日米首脳会談に)埋もれてしまう』として強く難色を示し、見送られた」と伝えた。

同盟外交を重視するバイデン大統領が韓日米首脳会談を通して冷却化した韓日関係の改善を試みたというのが共同通信の説明だ。また、教導は米国が台湾問題などについて3カ国の連帯をアピールし、中国を牽制しようとしたと説明した。

このような米国側の提案に対して、日本政府は再訪問する方向に方針を決めていたことが明らかになった。ただし、日本政府内でも新型コロナウイルス感染症が拡大する状況での再訪米は国内の世論を悪化させる可能性があり、慰安婦問題など韓日間異見が大きい状況での首脳会談を懸念する慎重論も提起されたと共同通信は伝えた。

一方、米国は今月11~13日英国で開かれる先進7カ国(G7)サミットに合わせて韓日米首脳会議を開催する方針を韓日両側と調整していることが分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「バイデン大統領、韓米首脳会談で菅首相の合流を推進…韓国の反対で白紙化」

    2021.06.04 06:46
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領とバイデン米大統領が21日の韓米首脳会談直後にホワイトハウスで共同記者会見をしている。[青瓦台フェイスブック キャプチャー]
    TOP