주요 기사 바로가기

メリンダ氏、ビル・ゲイツ氏の「性犯罪の友人」に怒り…2年前から離婚準備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.10 09:27
0
マイクロソフト(MS)の創業者ビル・ゲイツ氏(66)と妻メリンダ・ゲイツ氏(57)が27年の結婚生活に終止符を打つことにした中、メリンダ氏はビル氏と2年前から離婚を準備してきた事実があらわれた。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は9日(現地時間)、メリンダ氏が少なくとも2019年以降「婚姻関係が後戻りできないあほど破綻した」と複数の離婚専門弁護士らと相談してきたと消息筋と関連文書を引用して報じた。

特に、メリンダ氏は夫が未成年者を対象に性犯罪を数回犯した後、自ら命を絶った大富豪ジェフリー・エプスタイン氏と親密な関係を維持していることを不適切だと考えたと、この消息筋と「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の元職員はWSJに明らかにした。

メリンダ氏は2013年、夫とともにエプスタイン氏に会った後、夫に不快感を表現したという。だが、ビル氏は妻の心配にもかかわらず、エプスタイン氏との関係を断たなかったという。

そうしているうちに、アプリスタイン氏の死去2カ月後である2019年10月、ビル氏がエプスタイン氏の生前に数回も会って関係を維持してきたという記事がニューヨークタイムズ(NYT)にのせられると、メリンダ氏は「爆発」したという。ビル氏がエプスタイン氏のマンハッタンのタウンハウスに夜遅くまで留まったことがあるという内容が書かれた記事だった。メリンダ氏はNYTの報道直後、弁護士らと数回電話しながら忙しく動いた。

昨年初め、ゲイツ夫妻がスイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)会議に参加せず、周りから異例的という評価を受けた時、2人は莫大な財産分割問題を議論していたという。同年3月、ビル氏はマイクロソフトとバークシャー・ハサウェイの理事陣から退くと発表した。

両側弁護団は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態でずっと仲裁人を通じて秘密の対話を交わすなど、2人の離婚協議を続けてきた。メリンダ氏は自宅の付近であるワシントン州ベルビューで、ビル氏はカリフォルニア州パームデザートでそれぞれ離婚届に署名したことが分かった。

メリンダ氏の弁護団にはマイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長、大富豪ヘンリー・クラビス氏、ドナルド・トランプ前大統領の元夫人イバナ・トランプ氏の離婚過程を代理したニューヨークの有名弁護士、ロバート・ステファン・コーエン氏が出た。これに対抗し、ビル氏もフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏の弁護人として広く知られたロナルド・オルソン弁護士を含むなど、豪華な弁護団を構成した。

実際、2人の財産分割も始まったとみられる。ビル氏の投資会社は先週、メリンダ氏に自動車ディーラー会社オートネーションとメキシコのテレビ局など上場会社の株式24億ドル(約2607億円)相当を移転したとWSJは報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    メリンダ氏、ビル・ゲイツ氏の「性犯罪の友人」に怒り…2年前から離婚準備

    2021.05.10 09:27
    뉴스 메뉴 보기
    ビル・ゲイツ氏
    TOP