주요 기사 바로가기

ビル・ゲイツ氏の医大生の長女、両親の離婚について「家族全員にとって試練の時間だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.04 15:35
0
マイクロソフト(MS)創始者のビル・ゲイツ氏と妻のメリンダ・ゲイツ氏の長女ジェニファー・ゲイツさん(25)が4日(現地時間)、両親の離婚に対する心境をインスタグラムに投稿した。

ジェニファーさんは「私たち家族全員にとって試練の時間だった」と告白した。ビル氏とメリンダ氏は3日、各自のツイッターを通じて27年間の結婚生活に終止符を打つと発表した。2人には1男2女の子女がおり、ジェニファーさんはその長女であり医大生だ。

ジェニファーさんはインスタグラムに「ハイ、皆さん。今ごろ多くの人々が私の両親が離婚したニュースについて耳にしているころだと思う」と口火を切った。続いて「私たち家族全員にとって試練の時間だった」と伝えた。そして「今でも私たち家族と私自身の感情とその過程を最もよく支えることができる方法は何かについて学んでいるところだ。そして、そのようにすることができる余地があることに感謝している」と続けた。

ジェニファーさんはまた、人々にプライバシーの保護と指示を訴えた。「(両親の)離婚について、これ以上個人的に言及するつもりはないが、あなた方の優しい一言と支持がとても大切だ」としながら「私たち家族が人生の次の段階(next phases)を模索する間、プライバシーを守りたいという私たちの気持ちを理解してほしい」呼びかけた。ジェニファーさんは今年2月、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種の事実を知らせながら「悲しいことに、そのワクチンは天才的な父を私の脳に埋め込んではくれなかった」とコメントしていた。ワクチン関連の陰謀論者に対して迂回的に反論したものだった。ビル氏とメリンダ氏は「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を設立し、ワクチン普及活動を繰り広げた。

英紙ガーディアンはビル氏が今まで莫大な財産を寄付し、バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットCEO(最高経営責任者)とともに財産の半分以上を寄付するという「ギビング・プレッジ(Giving Pledge)」キャンペーンを行ったと伝えた。ビル氏は過去ITVとのインタビューで「子どもたちに莫大な財産を譲るのはいいことではない。彼らが人生を切り開くときに邪魔になる」としながら「このお金は最も貧しい人々を助けるために使われる。彼らは(子供たちは)この事実を誇らしく思っている」と話したことがある。

ビル氏とメリンダ氏は「私たちの人生の次の段階で夫婦として共に成長することができるとは、もはや思えなくなった」とし、離婚を決めたことを知らせた。「過去27年間(の結婚生活で)、私たちは3人の素晴らしい子どもたちを育て、すべての人々が健康で生産的な人生を営むことができるようにするために世界で働く財団も設立した」と明らかにした。

続いて「私たちはこの任務に対する信念を今も共有していて、財団で引き続き共に活動していくつもりだ」ともした。また「新しい人生を模索し始めるにあたり、私たちの家族に空間とプライバシーを尊重してほしい」とした。ただし、具体的な離婚理由に対しては明らかにしなかった。

ビル氏はMSの創業者、メリンダ氏はスタッフとして出会い、交際を経て1994年にハワイで挙式をした。フォーブスはビル氏の財産が世界で4番目に多い1305億ドル(約14兆2600億円)であると伝えた。アマゾンのジェフ・ベゾスCEO、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのベルナール・アルノー会長、テスラのイーロン・マスクCEOに次ぐ順位だ。

これに対してゲイツ夫婦の財産分割は天文学的なものになるという見通しが出ている。これに先立ち、ジェフ・ベゾス氏は妻マッケンジー・ベゾス氏に、350億ドル相当のアマゾン株を譲渡して離婚に合意した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ビル・ゲイツ氏の医大生の長女、両親の離婚について「家族全員にとって試練の時間だった」

    2021.05.04 15:35
    뉴스 메뉴 보기
    医大生のジェニファー・ゲイツさん。[写真 ジェニファーさんのインスタグラム キャプチャー]
    TOP