주요 기사 바로가기

ビル・ゲイツ氏「韓国・ベトナム・オーストラリアが防疫に成功、中国は初期にミス」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.21 08:41
0
マイクロソフト(MS)の創業者ビル・ゲイツ氏が韓国とベトナム、オーストラリアを新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)への対処に成功した国として挙げた。中国の場合、結果的に防疫に成功したが、初期にミスしたという事実は明らかだと指摘した。

ビル・ゲイツ氏は、英紙エコノミストとのテレビ電話インタビューで「新型コロナにうまく対処した国はあるか」という質問に対し、まず初めに韓国を挙げた。エコノミストは、インタビュー映像を19日(現地時間)、ユーチューブで公開した。

ゲイツ氏は国によって新型コロナ防疫対応に差があるとし、「韓国は感染者の追跡と防疫指針に準拠して真摯に対応し、感染者数が非常に少なくなった」と答えた。

続けて、ベトナムとオーストラリアについても言及した。ベトナムは医療システムがうまく機能したおかげで、最近まで最初の死者が発生していなかったと評価した。

また、アジアは新型コロナの最初の感染者が確認された地域なのに、予想よりウイルス抑制に善戦していると述べた。

一方、欧州・米国・南米は今も過酷な感染拡大が見られ、アフリカは残念ながらウイルスの感染拡大状況さえ確認が困難だと憂慮した。

また、米国は新型コロナ感染拡大の速度が速すぎて制御不能に陥ったのに対し、韓国は民間企業まで動員し、迅速に対処したと述べた。韓国は先にSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)などを経験したことが役立ったと付け加えた。

ただし、同インタビューは最近の感染再拡大の状況が生じる前の8月初め行われた。

中国については、「新型コロナの最初の感染者が発生した国にしては成功した」と評価した。ただし、新型コロナ発生初期の対応にミスしたことは明らかだと指摘した。

ゲイツ氏は「最初にウイルスが発症した国は、何の警告もなく事態に直面しているため、感染者数が爆発的に増加せざるをえない」としつつも、「中国は発症初期に現地で提起された警告を無視し、12月から1月初めまで国際社会にいかなるサインも送らなかった」と指摘し、「中国がミスしたことは明白な事実」と評価した。

しかし、権威的で閉鎖的な方法ではあるが、防疫措置に成功して感染者数を減少させ、ウイルスを制御する成果を成し遂げたと付け加えた。

また、ゲイツ氏は発展途上国の死者が数百万人以上発生した後、2021年末にようやく新型コロナが終息すると予測した。2021年末に合理的な価格で効果的なワクチンの大量生産が可能となり、多くの人が免疫力を備えるようになるという主張だ。

また、それまで発展途上国の死者の90%は、ウイルス感染よりも医療システムや経済の崩壊など間接的な原因で死亡することになると述べた。都市封鎖により医薬品へのアクセシビリティが悪化し、エイズウイルス(HIV)による死者数も増加するだろうと警告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ビル・ゲイツ氏「韓国・ベトナム・オーストラリアが防疫に成功、中国は初期にミス」

    2020.08.21 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    ビル・ゲイツ氏
    TOP