주요 기사 바로가기

アストラ製ワクチン打った元テコンドー世界チャンピオン、足を切断「腫れて血が噴き出た」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.10 07:33
0
テコンドー世界チャンピオンだった50代男性がアストラゼネカ製の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを接種した後、細菌感染で足を切断したと英紙デイリー・スターなどが7日(現地時間)、報じた。

メディアによると、1984年世界武術選手権大会でテコンドー部門のチャンピオンにのぼった英国人デーヴ・ミアーズさん(58)は3月5日、突然インフルエンザのような症状を見せてひどい高熱に苦しめられ、原因不明の細菌感染で結局足を切断した。

ミアーズさんは、高熱はアストラゼネカ製ワクチンを打ってわずか数時間後に始まったという。高熱などインフルエンザ症状は1カ月が過ぎても好転しなかった。そうするうちに突然左足が腫れ始め、なかなか治らず結局先月10日入院した。膝の下まで細菌による炎症が広がった。医療スタッフは結局、彼の足を切断するしかないといった。

ミアーズさんは「私がワクチンを接種するやいなや数週間痛かったのはおかしい」とし、「症状はひどい高熱とともに始まったが、4月10日と12日に腫れあがった足が『爆発』した。血が四方に噴き出た」と話した。また、「医師たちは私の症状がワクチンと関連性があるということを証明することが難しいと言うが、私は関連性があると考える」と訴えた。

ミアーズさんはアストラゼネカ製ワクチンの2回目の接種を先送りした状態だ。彼は12月まで左足に義足を着用する予定だ。ミアーズさんは1984年世界武術選手権大会でテコンドー部門のチャンピオンにのぼった後、コーチなどとして活動してきた。

彼が足を切断したことが伝えられた後、彼を助けるためのクラウドファンディングが始まり、4150ポンド(約63万円)が募られた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラ製ワクチン打った元テコンドー世界チャンピオン、足を切断「腫れて血が噴き出た」

    2021.05.10 07:33
    뉴스 메뉴 보기
    テコンドー選手として活動した当時のデーヴ・ミアーズさん。[ゴー・ファンド・ミー キャプチャー]
    TOP