주요 기사 바로가기

【コラム】権力者のとぼけ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.03 14:11
0
大統領侮辱罪で騒がしい。2年前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領を非難する内容の印刷物をばらまいた30代男性のキム氏が侮辱罪容疑で最近、送検されたからだ。侮辱罪は刑法上親告罪であるため、被害者(大統領)の告訴意思がなければいけない。「大統領を侮辱する程度は表現の範疇として許容してもよい。大統領を罵って気分が晴れればそれでよい」と述べた文大統領の以前の発言が改めて取り上げられながら、波紋は広がっている。

キム氏がまいた印刷物には「北朝鮮の犬、韓国大統領文在寅の真っ赤な正体」という言葉があった。「北朝鮮の犬」という表現は十分に不快なものかもしれない。(北朝鮮はこれ以上のひどい言葉を文大統領に浴びせたが、侮辱罪は主観的だ)。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の関係者は先月29日、「ビラの内容が極悪であり、当時は黙過できないレベルという雰囲気が強かった」と話した。文大統領も大統領である前に人間であり市民だ。それで本人が「人間として尊厳を侵害された」と考え、侮辱罪で告訴することは考えられる。それなら堂々としなければいけない。告訴した事実を明らかにし、なぜそのようにしたのかを話せばよい。それが透明な社会であり、民主的リーダーシップだ。是非はあるだろうが、論争を通じて合意を導き出すのが民主主義ではないのか。しかし文大統領はそれを隠した。事件当事者のキム氏が何度か警察の取り調べを受けながら尋ねても、警察は「誰が告訴したのかは公開できない」と述べた。波紋が広がると、青瓦台が一歩遅れて告訴の事実を認めた。

なぜ隠したのか。一般人に対する大統領の告訴が招く波紋を十分に予想したのだ。それが負担になるのなら、やるべきではなかった。ところが告訴はし、それが外部に露出するのは抑えようとした。市民として持つ権利は握りながら、権力者として受ける非難は避けたかったのだ。典型的な二重基準であり、欲張りで意地が悪い。

最近の青瓦台の5人の集まりに対する批判もそうだ。大統領の立場では離れる青瓦台参謀のうち誰かは入れて誰かは除くのは難しかったはずだ。それで先月19日、4人とも呼んで晩餐をしたが、それが5人以上集合禁止を違反した格好となった。「国民の日常に不便な点が多いが、私が人情に流されて防疫指針を破ってしまった。愚かだった。注意したい」とクールに認めれば波紋はそれほど広がらなかっただろう。誰にでも失敗はある。大統領は神ではない。しかし与党は何が問題なのかという態度だ。結局、中央事故収拾本部が「大統領の業務遂行のために意見を聴くもので、要請事項の伝達などは私的な集まりの範疇に含まれない」と防御に出た。大統領を養護するために防疫当局まで登場するのが果たして正常なのか。

梁山(ヤンサン)の私邸をめぐる問題も同じだ。「警護の敷地まで用意したところ、やむを得ず農地まで含まれた。農地法がこれほど厳格であることを知らなかった」と理解を求めるべきだった。青瓦台も明らかにしたように、この私邸で財産上利益を得るわけではない。しかし青瓦台は元秘書室長、国政状況室長まで立ち上がって「病的なレベル」「盧武鉉(ノ・ムヒョン)峰下村私邸を豪邸だと騒いだ者たちは自重しろ」とむしろ声を高めた。文大統領もフェイスブックに「やめなさい。偏狭であり、恥ずかしい」とコメントした。

なぜそうなのか。大統領は一般国民と違うという特権意識だ。表面では普通の民主市民と同等であるかのように行動しながら、裏では法を少し破っても、便法を使っても、国家機関を動員しても「統治行為だから問題ない」と考えているのだ。別の見方をすれば、朝鮮時代の王のように依然として封建時代の君主制にとどまっている。

根本的には責任を取らないということだ。文大統領は争点が大きい事案であるほど明確に決定するよりも先延ばしするケースが多かった。選択はすなわち責任であるからだ。振り返ると、韓国政府はコロナ対処に関連し、昨年、ワクチン導入よりも治療薬と防疫強化に方向を定めた。今になって結果論的に騒ぐが、治療薬-防疫強化がコロナを抑えることもできた。人間は完全無欠でない。誰でも失敗をする。その代わり正せばよい。「コロナが弱まり、防疫強化だけで終息させることができると考えた。判断ミスだった。今からでもワクチン確保に最善を尽くす」と国民を説得すべきだった。ところが選択はせず、自分は関係ないかのようにとぼけるため、修正することもなく、謝罪することもない。しかし「ワクチン問題を過度に政治化し、不安感をあおるべきでない」という発言は何ともなくする。

また侮辱罪の話に戻ろう。東・西ドイツを統一に導いたヘルムート・コール元ドイツ首相は190センチ以上の身重に体重も重く、言葉も滑らかでないため、よく嘲弄された。「まぬけな首相」というトーンのユーモア集まで出てきた。記者が「名誉毀損や侮辱罪ではないのか」と尋ねたところ、コール元首相はこう答えた。「そうではない。国家機密漏洩罪だ」。こうしたユーモアを望むのはまだ韓国ではぜいたくだ。

チェ・ミンウ/政治エディター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP