주요 기사 바로가기

アストラゼネカ製ワクチン接種後に頭痛・四肢麻痺…今度は20代公務員=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.22 08:30
0
アストラゼネカのワクチンを接種した慶尚南道河東郡(ハドングン)庁の20代の公務員が、接種から3週後、腕と脚が麻痺する症状を訴え、保健当局がワクチンとの関連性を調べている。

慶尚南道(キョンサンナムド)保健当局などによると、河東郡庁で勤務するAさん(29)は先月16日にアストラゼネカのワクチンを接種したが、翌日に体の状態が悪化して出勤できなかった。

ワクチン接種から3週後の9日未明には異常症状が表れた。官舎で眠っていたAさんは激しい頭痛を訴えた。右側の腕と足が麻痺する脳出血の症状だった。

Aさんは全羅南道順天(スンチョン)の病院に行き、全南(チョンナム)大病院で手術を受けた後、現在回復中という。保健当局は「Aさんはワクチン接種の前、基礎疾患がなかった」とし「ワクチン接種と関連性があるかを確認している」と伝えた。

アストラゼネカのワクチンは「非常にまれな血栓」が発生し得るとして韓国国内では今月8日に接種が中断されたが、12日に再開された。30歳未満は接種対象から除外された。

これに先立ち40代の看護助手が先月12日にアストラゼネカのワクチンを接種した後、四肢麻痺の症状が表れ、「急性散在性脳脊髄炎」と診断されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラゼネカ製ワクチン接種後に頭痛・四肢麻痺…今度は20代公務員=韓国

    2021.04.22 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカのワクチン
    TOP