주요 기사 바로가기

「韓日米外相会合を延期」…韓日関係の悪化が影響を及ぼしたのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.16 07:10
0
韓国・日本・米国が今月下旬に「3カ国外相会合」を推進してきたが、延期されたと共同通信が報じた。

通信は15日、複数の外交消息筋を引用して3カ国外相がジョー・バイデン米行政府の北朝鮮政策の見直し作業の完了を契機に、4月末に米国で外相会合の開催を推進してきたが、延期されたと報じた。

外交専門家たちは米国の北朝鮮政策の見直し作業が会合の延期に影響を与えたと分析している。米国の見直し作業が今月末から来月初めの間に終わらず、会合の日程に影響を与えたという観測だ。

一部では日本政府の福島原発汚染水の海洋放流決定で韓日関係が悪化したのが原因という分析もある。日本の汚染水の放流決定に韓国は強く反発しているためだ。

この他に、韓国裁判所が21日旧日本軍慰安婦被害者が日本政府を相手取って起こした2回目の損害賠償請求訴訟の宣告公判を控えているため、韓国と日本の外交首長が会うのはぎくしゃくした状況という見方もある。

外相会合の延期を受け、共同通信は「このような状況で日米韓外相会合を開いても北朝鮮や中国を念頭に置いて3カ国の結束を見せることは難しいという判断があった可能性もある」と分析した。

一方、先月末、読売新聞は茂木敏充日相が早ければ4月下旬に訪米して鄭義溶(チョン・ウィヨン)韓国外交部長官、アントニー・ブリンケン米国務長官などと北朝鮮の核・ミサイル問題を議題にした外相会合の開催の調整に入ったと報じたことがある。3カ国安全保障室長は2日、米国で3者会合を行った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓日米外相会合を延期」…韓日関係の悪化が影響を及ぼしたのか

    2021.04.16 07:10
    뉴스 메뉴 보기
    鄭義溶韓国外交部長官、茂木敏充日相、アントニー・ブリンケン米国務長官
    TOP