주요 기사 바로가기

<ソウル市長選>呉世勲候補55%、朴映宣候補36.5%…20代は呉氏、40代は朴氏に分かれた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.25 14:07
0
4月7日のソウル市長補欠選挙の野党候補一本化後に実施された初めての世論調査で呉世勲(オ・セフン)国民の力候補が朴映宣(パク・ヨンソン)共に民主党候補を20%近く上回っているという結果が25日、確認された。特に60歳以上・高齢者層を除き、20代の呉候補の支持率が最も高かった。

◆野党単一化後、初の世論調査

世論調査会社リアルメーターがオーマイニュースの依頼で野党候補の一本化成功の翌日24日、ソウル在住の18歳以上の806人にどの候補に投票するか尋ねたところ、「呉候補を選ぶ」という回答は55%で、「朴候補を選ぶ」という回答(36.5%)より18.5%高かった。誤差の範囲(95%信頼水準で±3.5%ポイント)を大きく外れた差だ。

年齢別では、呉候補が20代(18~29歳)と60代で大差で朴候補を圧倒したが、20代は呉候補の支持率が朴候補よりも3倍近い60.1%に及んだ。20代の朴候補の支持率(21.1%)は、野党支持性向が強い60歳以上と高齢者(26.7%)よりも低かった。

朴候補に多くの支持を送った年齢層は40代が唯一だった。40代の支持率は、朴候補57.9%、呉候補34.7%だった。1980年代の民主化運動を主導した50代では、呉候補(47.1%)と朴候補(45.2%)が誤差範囲内の接戦となった。

居住地域別では呉候補が▼西北圏(53.1%)▼東北圏(49.4%)▼江西(カンソ)圏(56.6%)▼江南(カンナム)圏(62.8%)など全地域で朴候補を上回った。朴候補は▼西北圏(39.2%)▼東北圏(42.6%)▼江西圏(34.6%)▼江南圏(28.2%)などの支持率を見せた。

「今回の選挙には必ず投票する」という積極的投票層では、呉候補57.9%、朴候補36.4%の支持率を見せた。投票意向調査では、「投票する」という回答が95.5%と圧倒的に高かった。

◆文大統領への否定的評価61%…肯定的評価35%

一方、政党支持率は、国民の力37.7%、民主党30.1%、国民の党9.1%、正義党5%、開かれた民主党3.7%の順だった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行をどのように評価するかという質問には肯定的評価が35%、否定的評価が61.3%だった。

世論調査の詳細についてはリアルメーターホームページや中央選挙世論調査審議委員会ホームページで参照可能。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ソウル市長選>呉世勲候補55%、朴映宣候補36.5%…20代は呉氏、40代は朴氏に分かれた

    2021.03.25 14:07
    뉴스 메뉴 보기
    17日、ソウル中区の新羅ホテルで開催された毎日経済創刊55周年第30回国民報告大会で、共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)ソウル市長候補(右)と国民の力の呉世勲(オ・セフン)ソウル市長候補があいさつを交わしている。 オ・ジョンテク記者 17日、ソウル中区の新羅ホテルで開催された毎日経済創刊55周年第30回国民報告大会で、共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)ソウル市長候補(右)と国民の力の呉世勲(オ・セフン)ソウル市長候補があいさつを交わしている。 オ・ジョンテク記者
    TOP