주요 기사 바로가기

韓国政府、ロシアのワクチン導入を検討…接種第1号はファイザーでないアストラゼネカの可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.09 08:10
0
防疫当局がロシアの「スプートニクV」新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの導入を検討するという公式立場を初めて明らかにした。ワクチン導入の不確実性が高まっているという判断からだ。このような中で、韓国初めての導入ワクチンと知らされたファイザーの製品導入が遅れ、アストラゼネカのワクチンが今月24日慶北安東(キョンブク・アンドン)のSKバイオサイエンス工場で初めて出荷されて国内接種を始める。韓国第1号ワクチンがファイザーからアストラゼネカ ワクチンに変わる可能性が大きくなった。

チョン・ウンギョン疾病管理庁長は8日「市民参加型特別ブリーフィング」でロシアのスプートニクVワクチンの導入に関連した質問を受け、「(新型肺炎ワクチンは)変異種とか供給イシューこのような不確実性がある」として「このため、追加ワクチンに対する確保の必要性などを引き続き検討していく予定」と答えた。チョン庁長は「色々な可能性を開けてすべてのワクチンを候補に置くという意味」として「具体的に契約などの部分が検討されているわけではない」と付け加えた。

政府がロシアのワクチンを検討のテーブルにのせた理由は新型肺炎の変異種ウイルスのためだ。南アフリカ共和国が最近アストラゼネカのワクチンの変異種に対する有効性が大きくないという理由で接種を見送った。また、ワクチンを世界各国で共同購入して分配する国際的枠組み「コバックスファシリティ(COVAX Facility)」が国内供給することになっていたファイザーのワクチン導入が遅れるなど物量供給の不確実性が依然として残っている。欧州などでのワクチンの品薄現象と自国中心主義が不確実性を高めている。

ロシアのワクチンに対する待遇が変わった。世界的な医学誌「ランセット(Lancet)」の論文で免疫効果が91.6%ということが確認された。ランセットに掲載される前に世界最高の専門家検証を通過した。60歳以上でも有効性が91.8%だった。深刻な副作用がなく、価格が20ドル(約2000円)でモデルナ(50~74ドル)・ファイザー(40ドル)より安く2~8度の常温流通が可能だというメリットを備えた。

こうした中、アストラゼネカのワクチン75万人分が24日、SK工場から出荷される。慶北安東のSKバイオサイエンス工場はアストラゼネカのワクチンを委託生産している。保健当局関係者は「物流センターで病院別に必要な物量を少量に包装され、全国2000カ所余りの療養病院と保健所に配送されて接種を始める」として「療養病院は医療スタッフが患者・看病人・行政職員・医療スタッフなど全職員に直接接種する。2~3日内に接種が終わるだろう」と話した。療養院は保健所が訪問して接種する。地域内接種委託医療機関の医療スタッフが同行して接種する。疾病庁は24日出荷に合わせて遅くとも20日までに接種対象者を確定する。65歳以上高齢者に接種すれば今月末までに75万人への接種を終えることができる。

政府が療養病院などに配送するというのは65歳接種を念頭に置いた措置だ。疾病庁は先月28日、ワクチン接種計画を発表するとき、療養病院・療養院患者と従事者75万人にアストラゼネカのワクチンを接種するという方針を公開した。疾病庁関係者は8日「この立場がまだ変わっていない」と話した。チョン庁長もこの日「(新薬処の中央薬剤師審議委員会が)アストラゼネカのワクチンが65歳以上に効果がないというのが確定したのでなく、情報や資料が足りず、もう少し慎重に決めるように勧告した」と話した。

保健当局は8日、ブリーフィングで専門家の口を通じてアストラゼネカのワクチンを65歳以上高齢者に接種する可能性を強く示唆した。この日、特別ブリーフィングに参加した高麗(コリョ)大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授は「アストラゼネカのワクチンは高齢者と若年層を比較すると安全性の憂慮がない」として「65歳以上を別に接種すれば統計的な有意性があると効果を判断できる数字にならない」と話した。チェ教授は「実際の現在の状況を判断して、わが国に使用可能なワクチン(があるのか)このようなことを総合的に判断しなければならない」と話した。カトリック大学生命科学科のナム・ジェファン教授は「お母さんが80代で当然アストラゼネカのワクチンを打つように勧めるつもりであり、順番になるとどのワクチンであれ関係なく打つように勧めるだろう」と話した。

一方、食品安全医薬品処は10日午後2時、最終点検委員会会議を開いてアストラゼネカのワクチンを許可するかどうかを発表する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、ロシアのワクチン導入を検討…接種第1号はファイザーでないアストラゼネカの可能性

    2021.02.09 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月20日午前、慶北安東市のSKバイオサイエンスを訪問して新型肺炎ワクチンの生産施設を見学し、イ・サンギュン工場長の説明を聞いている、左側は崔泰源(チェ・テウォン)SK会長。[中央フォト]
    TOP