주요 기사 바로가기

韓国22年ぶりのマイナス成長記録、経済副首相「先進国より幅はるかに小さい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.26 11:16
0
洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が、2020年の韓国の経済成長率が1%のマイナス成長となったという韓国銀行の発表に対し、「下半期中にコロナが落ち着き日常の経済活動が可能だったならマイナス成長を止められなかっただろうかと心残りが大きいが先進国よりマイナス成長の幅ははるかに小さく、韓国経済が危機に強い経済であることを再び立証した結果だ」と評価した。

洪副首相は26日、自身のフェイスブックに「2020年10-12月期とGDP速報値」という題名の文で「昨年年間で経済規模10位圏内の先進国はマイナス3%台からマイナス10%以上のマイナス成長が予想される」としてこのように主張した。

この日韓国銀行は実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)を発表し、昨年10-12月期に前四半期比1.1%、年間で前年比マイナス1.0%を記録したと明らかにした。

洪副首相は「全般的な景気の流れの側面で見れば新型コロナウイルス流行持続にともなう困難の中でも下半期に入り3四半期連続でプラス成長を示した。これは第3波にもかかわらず『速くて強い経済回復』に向けた基盤を強化したもの」と評価した。

彼は「10-12月期の実体指標で確認できた輸出の明確な改善の流れとコロナ第3波にともなう内需不振がGDP統計にもそのまま現れた」と明らかにした。

洪副首相は「輸出はこれまで蓄積してきた製造業の競争力が大きな基礎になった。輸出回復はそれ自体で成長回復を牽引しただけでなく、企業の設備投資拡大につながり景気回復のモメンタム拡散に対する期待感を付加する様相」と説明した。

続けて「輸出善戦とは違い長期化する内需不振と、それにともなう民生の苦しさは最も痛恨の部分。最近第3波が緩和される様相だが、徹底した防疫を通じ1日も早くコロナ感染拡大傾向を沈静化し正常な経済活動、日常の生活が可能になることが最も緊急な課題」と強調した。

洪副首相は59年ぶりとなる1年間に4回の追加補正予算などに言及し、「政府も財政を通じてコロナにともなう危機状況で支えの役割を忠実に遂行した。その結果財政が昨年の成長に大幅に寄与しマイナス成長を緩衝したことがわかった。経済危機時に民間が厳しい時に財政がその役割を担った」と診断した。

その上で「昨年は前代未聞のコロナにより途轍もない困難を経験したが、すべての国民と経済主体の力と汗、犠牲、情熱により主要先進国よりましな成績表を引き出すことができた。重要なことは韓国経済に自信を持ち、『速くて強い経済回復と反騰』を成し遂げるためにもう一度最後の力を集めて全力疾走していくこと」と付け加えた。

最後に洪副首相は「切なる感謝の言葉を申し上げる。政府から率先し先導して走る」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国22年ぶりのマイナス成長記録、経済副首相「先進国より幅はるかに小さい」

    2021.01.26 11:16
    뉴스 메뉴 보기
    洪楠基経済副首相兼企画財政部長官。オ・ジョンテク記者
    TOP