주요 기사 바로가기

韓国経済副首相、G20会議で中央銀行間の通貨スワップ拡大を提案

ⓒ 中央日報日本語版2020.04.01 10:22
0
洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が主要20カ国(G20)財務担当相と中央銀行総裁が参加した特別テレビ会議で「各国中央銀行間の通貨スワップ拡大を積極的に検討すべき」と提言した。

企画財政部が1日に明らかにしたところによると、洪副首相は前日午後8時から約2時間にわたりG20議長国のサウジアラビアがテレビ会議で開催した第2回G20特別財務担当相・中央銀行総裁会議に参加した。

洪副首相は「世界的な金融セーフティネット強化に向けIMFの機能拡充が緊急な課題。金融危機時に施行した特別引き出し権(SDR)配分と中央銀行間通貨スワップ拡大を積極的に検討すべき」と強調した。

洪副首相はこれとともに韓国の防疫と景気対応努力など新型肺炎防疫政策経験をパンフレットとして製作して国際機関など国際社会と共有しており、G20諸国とも共有する計画であることを明らかにした。

IMFのゲオルギエワ総裁はこの日の会議で「新型肺炎で特に新興開発途上国が外貨流動性の不足とともに保健支出、家計・企業支援など経済への影響最小化に向けた緊急で類例のない資金需要に直面している。低開発国支援とグローバル金融安定に向け強力で前例のない措置を準備している」と説明した。

先月23日に続き2度目に緊急招集された今回の会議にはG20加盟国と招請国の財務担当相、中央銀行総裁らと、IMF、経済協力開発機構(OECD)、世界銀行、金融安定委員会(FSB)など主要国際金融機関の代表が参加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国経済副首相、G20会議で中央銀行間の通貨スワップ拡大を提案

    2020.04.01 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相
    TOP