주요 기사 바로가기

韓国法務長官の辞意ミステリー…自意ではなかった?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.07 09:57
0
青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の辞意表明発表から20日が過ぎても公式的に受理したかどうかを明らかにせず、疑問が提起されている。政界と法曹界では、青瓦台の発表とは違い、秋長官は実際には辞表を出していないという話が広まっている。

中央日報の取材を総合すると、政界などでは秋長官が昨年12月16日に尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に対する停職2カ月懲戒処分の裁可を受けるために青瓦台に入り、文在寅(ムン・ジェイン)大統領から辞意表明の勧告を受けたという話が出ている。ある法曹界の関係者は「文大統領が面談を終えて出ていく秋長官に春秋館に寄っていくよう話したと、当時の状況をよく知る人から聞いた。しかし秋長官は面談直後に青瓦台をそのまま出て行ったようだ」と話した。春秋館は青瓦台担当記者が常駐するところだ。すなわち、文大統領が秋長官に辞職を勧告しながら自ら辞意表明をするように話したが、秋長官がこれを拒否したという意味と解釈される。

秋長官が先に辞意を表明したと明らかにしながら「文大統領が秋長官の辞意表明と去就表明を高く評価し、熟考して受け入れるかどうかを判断することになるだろう」と伝えた青瓦台の当日の公式発表とは相当な温度差が感じられる。

実際、秋長官の当日の動きからも辞意表明の雰囲気は全く感知されなかった。秋長官は青瓦台の辞意表明発表の4時間前、公式行事で「検察改革を実現させる」と強調した。このため法曹界では「秋長官が事実上更迭されるのでは」という見方が出ていた。実際、6日まで秋長官の口で辞表を出したという話が出たことはない。秋長官はこの日、あるメディアのインタビューでも「辞職することになった理由」を尋ねられると、「やってみればつまずいたり転んだりする。私ではなくても他の人がすることもある」と答え、妙な余韻を残した。

文大統領が昨年12月30日に朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官候補を発表した当時も、秋長官の辞表の受理についての発表はなかった。当時、青瓦台関係者も、「秋長官の辞意を受理したのか」という質問に対し、「後任が発表されたので…朴候補が聴聞会を経て任命されるまで(秋長官が)最後の任務を果たす」とだけ答えた。

与党の一部では「秋長官辞表失踪ミステリー」に関連し、青瓦台が秋長官を万が一の場合の安全弁と考えているのではという見方も出ている。朴候補が聴聞会でつまずく場合、秋長官が復帰する可能性も排除できないということだ。実際、秋長官の再信任を要求する青瓦台「国民請願」に同意した人はこの日現在41万人を超えている。法曹界の関係者は「青瓦台が秋長官の手を先に放したとしても、親文支持層を意識しないわけにはいかないはず」とし「秋長官留任カードも残しているのかもしれない」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国法務長官の辞意ミステリー…自意ではなかった?

    2021.01.07 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官
    TOP