주요 기사 바로가기

【コラム】暗澹とした2021年の北朝鮮の運命

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.03 11:48
0
1月を意味する英語「January」はローマの神ヤヌス(Janus)に由来する。ヤヌスは2つの顔を持つ神だ。後頭部にある顔は過去を眺め前の顔は未来に向かう。きょうはそのように新年を迎えてみよう。

2020年は北朝鮮に厳しい1年だった。経済は対北朝鮮制裁、洪水、台風、新型コロナウイルスによる封鎖で大きな打撃を受けた。国連報告によると北朝鮮はすでに5月から食糧をはじめとする物資と資源の不足に苦しめられ、10月10日には金正恩(キム・ジョンウン)委員長が人民の苦難に対し涙まで見せて謝った。その後北朝鮮メディアはジャガイモ収穫を絶賛し始めた。これはコメ不足の深刻性を暗示する。1~11月の対中輸入は前年比79%、対中輸出は76%減少した。政治的状況も危険だった。金委員長のトランプ大統領との親交は全く役に立たなかった。政権首脳部が混乱を経ていることを示す兆候が何回も捉えられた。

北朝鮮政権の抑圧は強化された。川向こうの中国に国境を超えて行くことがはるかに難しくなり、反動思想文化排撃法を採択して外国の放送や韓国ドラマの視聴はさらに危険な物事になった。外交官と国際機関職員は新型コロナウイルス感染拡大抑制という名目でほとんどが北朝鮮を離れなければならなかった。北朝鮮国内に滞在する外国人は大幅に減り、北朝鮮観察が可能な情報網は1年前と比較するとはるかに減った。

北朝鮮指導部は国境を最大限封鎖し、必死にワクチンを確保しようと努力している。消息筋によると、北朝鮮保健省と外務省の役人らは万事を差し置いてワクチン確保に注力するよう命令を受けた。北朝鮮がワクチン研究盗用を何回か試みた情況もある。

2020年の北朝鮮は経済改革に逆行して国家統制を強化しようとし、国境を閉鎖して人民のいくらもない自由をさらに制限した。北朝鮮は社会に背を向け孤立の地へと回帰し、国のあらゆる分野を党の統制の中に置こうとしている。こうした変化は新型コロナウイルス流行前に始まった。2019年12月にあった第5回全員会議で党の統制下で自力更正に回帰するという戦略的決定を下し、これは北朝鮮首脳部保守勢力の勝利を意味した。

新型コロナウイルスは北朝鮮の変化を加速した。北朝鮮政権は感染法の感染拡大を心から恐れ、北朝鮮の保守勢力は新型コロナウイルスを口実にして彼らが好む昔の方式に回帰した。北朝鮮の保守層は韓国映画が住民らに密かに普及することをとても嫌がり、金善慶(キム・ソンギョン)外務次官が外交官らに北朝鮮を離れるよう暗示を与えたことも北朝鮮安保機関の保守派がわずらわしく不潔な外国人を北朝鮮国外に追放しようとする努力の一環だった。

北朝鮮の2021年はもっと厳しくもっと危険かもしれない。飢謹発生の可能性もある。飢謹は北朝鮮住民の悲劇だけでなく政権にも致命打だ。ワクチンがなければ事実上新型コロナウイルス拡散を防ぐ方法がない。北朝鮮はワクチンと経済援助が切実だ。中国はワクチンを提供しようとする動きを見せていない。韓国と米国を眺めざるをえない。

それでも北朝鮮は反射的に反応している。あたかも子どもが怖いものを見て頭をふとんに潜り込ませてそれがなくなることを願うかのように行動する。最近北朝鮮メディアはコロナウイルスが中国発の粒子状物質や鳥類、雪、冷凍食品などを通じて流入する恐れがあるという科学的根拠が全くない主張を展開し、これは北朝鮮政権がすでに妄想に捕われ始めたということを暗示する。

この流れが変わらなければ北朝鮮は深刻な危機を避けることはできない。一筋の希望は北朝鮮の予測不可性だ。2018年に敵対を撤回し対話を指向する金委員長の新年辞を予測した専門家はほとんどいなかった。「夜明け前が最も暗い」という昔の言葉が真理になることを望む。

ジョン・エバラード/元平壌駐在英国大使

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】暗澹とした2021年の北朝鮮の運命

    2021.01.03 11:48
    뉴스 메뉴 보기
    ジョン・エバラード/元平壌駐在英国大使
    TOP