주요 기사 바로가기

金根植慶南大学教授「ワクチン確保反転カードは韓米ワクチンスワップ」

ⓒ 中央日報日本語版2020.12.31 09:56
0
慶南(キョンナム)大学の金根植(キム・グンシク)教授は29日、「すでに失敗したワクチン確保を劇的に反転させるカードがまさに韓米ワクチンスワップ。文在寅(ムン・ジェイン)政権が反対する理由はひとつもない」と主張した。

金教授は29日に自身のSNSで、「文大統領の自画自賛にもかかわらず、ワクチン後進国、ワクチン無能に対する国民の不安と憤怒は大きくなっている」としてこのように書いた。彼は「契約完了ワクチンも来年2月から導入開始だけに本格接種は4-6月期以降に可能だ。契約進行中のワクチンはただ進行形であるだけ」と主張した。

金教授は続けて「他の国々はワクチン接種完了で集団免疫が完成され韓国だけ旅行制限と入国禁止を受ける『ワクチンデバイド』が現実化したら、その時も大統領はワクチン確保が成功的だと自慢するだろうか?」と反問し、「すでに失敗したワクチン確保を劇的に反転させるカードがまさに韓米ワクチンスワップ」と対案を提示した。

金教授は「幸いファイザーとモデルナが米国企業で、米政府は十分なワクチンを確保した状態のため、韓米政府間の信頼に基づいた政治交渉を通じ韓米ワクチンスワップの推進が可能だ。韓米FTA協定に基づいても可能で、韓米間の政治談判を通じても十分に可能だ」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金根植慶南大学教授「ワクチン確保反転カードは韓米ワクチンスワップ」

    2020.12.31 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    金根植(キム・グンシク)教授
    TOP