주요 기사 바로가기

韓経:モデルナが先にラブコール…「韓国を新型コロナウイルスワクチンの生産拠点に」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.30 08:17
0
韓国政府が米国バイオベンチャー企業モデルナと2000万人分の新型コロナウイルスワクチン購入契約を年内に締結する。韓国内の供給時期は来年7-9月期から4-6月期に前倒しになる。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官は29日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領とステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は電話で話をし、2000万人分である4000万本のワクチンを購入および供給することで合意した」と明らかにした。

今回の電話は前日午後9時53分から27分間、ビデオ形式で行われた。文大統領が海外民間企業の代表と製品購入に関連して電話をしたのは今回が初めてだ。今回のモデルナとの契約で、韓国政府が確保したワクチンは従来の3600万人分から5600万人分に増えることになった。政府は当初モデルナと来年7-9月期を目標に1000万人分(2000万本)の購入契約を推進してきたが、今回の電話を機に物量を2倍に増やし導入時期も操り上げた。姜報道官は「物量の拡大で購入価格もおさえられる見通し」としながら「モデルナと供給時期を4-6月期にさらに操り上げるために努力することにした」と説明した。

ワクチン供給とは別に、モデルナは韓国企業とのワクチン生産協力方案も「サプライズ」提案した。モデルナはファイザーなど多国籍製薬会社とは違い、ワクチンの生産を全面的に外部に委託している。バンセル氏は「韓国大企業が強力な生産能力を備えていることをよく知っている」とし「ワクチンを開発したものの、生産力量が不足しているが(韓国が)委託生産すれば、大規模生産能力の構築が可能になるだろう」と話した。

文大統領は「大量生産を通じた迅速な供給が可能になるように、モデルナと国内製薬企業の緊密な協力関係構築はもちろん、共同研究推進のための協力体系の構築に支援を惜しまない」と答えた。このほかに政府はノババックスと1500万人分、ファイザーと500万人分のワクチン追加購入交渉を進めている。交渉が成功すれば最大7600万人分のワクチンを確保することになる。

中央防疫対策本部はこの日午前0時基準で新型コロナウイルス(新型肺炎)新規感染者は1046人だと発表した。死亡者は40人で新型コロナ事態以降で最大を記録した。

◆委託生産要請したモデルナ…世界医薬品生産施設不足/CMO強国の韓国インフラを高く評価…アジア物量の生産、韓国が引き受ける?

「新型コロナウイルス予防ワクチンを開発したものの生産力量が不足している。韓国企業に委託生産(CMO)を任せれば大規模生産が可能だろう」

バンセル氏は28日、文大統領とのビデオ電話でこのように話した。2000万人分のワクチンを韓国に供給するという意向も明らかにした。世界的に医薬品生産施設が不足した状況でバイオ医薬品CMO強国である韓国企業を先行獲得するために、一種の「ニンジン策」を提示したという解釈が出てきた。文大統領は「大量生産を通した迅速な供給が可能になるように、モデルナと国内製薬企業の緊密な協力関係を構築する」とこれに呼応する返事をした。 韓経:モデルナが先にラブコール…「韓国を新型コロナウイルスワクチンの生産拠点に」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:モデルナが先にラブコール…「韓国を新型コロナウイルスワクチンの生産拠点に」(1)

    2020.12.30 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    <韓国の文大統領、モデルナCEOとビデオ電話>韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日午後、青瓦台与民館のビデオ会議室でモデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)とビデオ通話をしている。[写真 青瓦台]
    TOP