주요 기사 바로가기

中国の「米軍艦を追い払った」主張に米国「虚偽」…南シナ海で激しい神経戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.24 15:43
0
バイデン米政権の発足を控え、領有権紛争地域の南シナ海で米中間の神経戦が激しくなっている。中国がこの海域に進入した米国の軍艦を追い払ったと主張すると、米国は直ちに虚偽の主張だと反論した。

中国人民解放軍南部戦区の報道官は22日、米海軍駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)の中国領海に許諾なく進入したが、直ちに中国軍が出動して警告を送った後、領海から追い払ったと主張した。中国は「(中国の主権と安全保障に対する)極めて重大な侵犯」とし「近隣の中国軍は最高警戒状態で待機していた」と明らかにした。

しかし米海軍第7艦隊の報道官ジョー・カイリー大尉は22日(以下、現地時間)、「『ジョン・S・マケイン』はどの国の領海からも追い払われたことはない」とし、中国の主張に反論した。

イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」は22日、南シナ海のスプラトリー諸島で航行の自由作戦を展開した。航行の自由作戦とは、中国が領有権を主張する南シナ海の島に米国が戦闘艦と軍用機を繰り返し派遣しながらこの水域が公海だと知らせる軍事作戦。

米国側は「ジョン・S・マケイン」が航行の自由作戦を中国の制止なく終えたと伝え、「米国は国際法が認める地域に軍用機と戦闘艦を送り続ける」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国の「米軍艦を追い払った」主張に米国「虚偽」…南シナ海で激しい神経戦

    2020.12.24 15:43
    뉴스 메뉴 보기
    22日、南シナ海スプラトリー諸島で米海軍のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が航行の自由作戦を遂行している。 [米海軍]
    TOP