주요 기사 바로가기

韓国統一部長官「北にワクチン分ける」 北朝鮮「なくても暮らせる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.19 14:43
0
李仁栄(イ・インヨン)統一部長官が北朝鮮に新型コロナウイルス感染症のワクチンと治療薬を分けるなど「防疫協力」を強調した中、北朝鮮が19日、国境封鎖を強化するという考えを改めて明らかにした。

北朝鮮の労働新聞はこの日、「非常防疫事業は党と国家の最大重大事」と題した論説で防疫と国境封鎖を強調した。論説は「いま我々は、なくても暮らせる物資のために国境の外を眺めて子どもたちを殺すのか、それとも持ちこたえながら子どもを生かすのかという運命的な選択の前に立っている」とし「多くの国では悪性伝染病の第2波で防疫状況がさらに悪化している。祖国守護精神で闘争できなければ、祖国と人民の運命が恐ろしい病魔にもてあそばれる」と主張した。

韓国政府の当局者は「北は年初、新型コロナの感染拡大で中国やロシアとの国境を封鎖したのに続き、ウイルスの流入を防ぐため外部支援物品も制限的に受け入れていると把握している」とし「保健・医療システムが劣悪であるため、封鎖政策を強化するようだ」と述べた。

北朝鮮のこうした立場は特に、李仁栄(イ・インヨン)統一部長官が前日(18日)の放送で南北間防疫協力の必要性を強調した直後に出てきため注目を集める。

李長官は「我々が治療薬とワクチンで互いに協力できれば、北としてはコロナ防疫体系のため経済的な犠牲を甘受する部分から少し抜け出せるきっかけになるのではと考える」とし「我々が多いから分けるというよりも、少し不足していても分けることが本当の分け合いになる」と述べた。新型コロナが落ち着けば北朝鮮に対話を公式提案する方針だが、その前に医療協力からするという考えを表したのだ。

これに先立ち北朝鮮で大規模な水害が発生した8月、国内外で支援の話が出ていたが、北朝鮮はこれを受け入れないと宣言した。当時、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「洪水被害に関連するいかなる外部の支援も受け入れてはならない」と公開的に指示した。今回、韓国政府がワクチン支援の考えを表すと、「なくても暮らせる物資」という言葉で改めて否定する立場を表したのだ。

ただ、北朝鮮が非公式的に中国やロシアから新型コロナ診断キットなどを導入したことを勘案すると、外部支援の拒否は対内用メッセージの可能性があるという指摘も出ている。匿名を求めた脱北者は「北は中国をはじめ多様な経路を通じてワクチンを確保するために努力しているようだ」とし「北の内部資源が枯渇し、経済的に困難な状況で、公開的には支援を拒否しながらも、非公式的に支援を要請してくる可能性もある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP