주요 기사 바로가기

韓国経済学科教授「韓日通貨スワップ必要ない、円は魅力的でない」

ⓒ 中央日報日本語版2020.08.04 10:50
0
韓国建国(コングク)大学経済学科のチェ・ベグン教授は3日、「韓日通貨スワップをする必要はない。日本円は国際市場でそれほど魅力的ではない」と明らかにした。

チェ教授はこの日tbsラジオの番組に出演し、韓国政府の通貨スワップ締結戦略に対する質問に「日本がもっと残念な状況であり韓国が残念な状況では全くない」としてこのように話した。

2001年に締結された韓日通貨スワップは一時700億ドルまで拡大したが、韓日間の外交対立で2015年に終了した。チェ教授は韓日通貨スワップが急でない理由として、日本経済の沈滞と、ウォンに比べ円の切り上げ比率が低い点を挙げた。彼は「3月20日以降ドルが大きく価値を下げているがウォンはその間に6%上がり、これに対し円は4.5%にすぎない。日本円が国際市場でそれほど魅力的でないことを示す」と話した。

続けてチェ教授は日本経済の沈滞に言及し、「日本の4-6月期成長率はまだ発表されていないが前年比マイナス21%と予想している」と話した。彼は「景気が厳しいため(安倍政権が)旅行支援も強行している」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP