주요 기사 바로가기

北朝鮮「金正恩委員長、開城封鎖…新型コロナ感染疑われる脱北者が帰郷」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.26 08:54
0
北朝鮮が新型コロナウイルスへの感染が疑われる脱北者が最近軍事境界線を超えて開城(ケソン)に戻ったと26日に主張した。これを受け金正恩(キム・ジョンウン)委員長は国家国非常防疫体系を「最大非常体制」に転換することにし、感染が疑われる者が出てきた開城を完全封鎖することにした。

北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日、金正恩委員長が労働党中央委員会政治局非常拡大会議を緊急招集し、新型コロナウイルスへの感染がと疑われる脱北者が開城を通じて北に戻ったことに伴う措置で、国家非常防疫体系を「最大非常体制」に転換することにしたと報道した。

朝鮮中央通信は「開城市で悪性ウイルスに感染されたと疑われる越南逃走者(脱北者)が3年ぶりに不法に分界線を越えて去る7月19日、帰郷する非常事件が発生した」と伝えた。

同通信は「不法帰郷者の上気道分泌物と血液に対する数回の当該検査を行って悪性ウイルス感染者と疑われる釈然としない結果が出た」と報道した。

その上で「彼を徹底的に隔離させ、去る5日間開城市で彼と接触した全ての対象と開城市経由者を徹底的に調査、掌握し、検診、隔離措置を取っている」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP