주요 기사 바로가기

WHO事務局長「私が中国に買収された?事実ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.24 08:32
0
世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長が23日(現地時間)、2017年の選出当時に中国と取引があったという米国側の主張を一蹴したとAFP・ロイター通信などが伝えた。

テドロス事務局長はこの日、スイスのジュネーブ本部で開かれたオンラインで行われたメディア会見で「マイク・ポンペオ米国国務長官のその発言は事実ではなく、受け入れることができない。何の根拠もない」とし、パンデミックの政治化について警告した。マイク・ポンペオ米国国務長官が「WHOは中国に買収された」と強く批判したことに対する返答だ。

21日、英国ロンドンを訪問したポンペオ長官が保守シンクタンク「ヘンリー・ジャクソン・ソサエティー」(HJS)の主催で開かれた集会に参加し、「テドロスWHO事務局長が2017年に選出されたとき、中国と取引が行われた」とし、「事実上、WHOが中国に買収された」と主張した。また、「(WHOは)科学に基盤が置かれていない政治機関」とし「そのため新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の対応に失敗した」と指摘した。当時、英紙ガーディアンはポンペオ長官のこのような攻撃的な発言は、英国のWHO脱退決定を誘導するためのものと分析した。

テドロス氏は初のアフリカ出身のWHO事務局長で、米国と欧州諸国から中国の顔色をうかがって適時に新型コロナに対応できず、事態を悪化させたと批判されてきた。ドナルド・トランプ米大統領政権は7日、米国のWHO脱退を公式宣言した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP