주요 기사 바로가기

韓経:55万人以上従事の韓国中小製造企業が「連鎖倒産」危機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.16 09:11
0
製造業の根幹となる鋳物・金型・塑性加工・溶接・表面処理(めっき)・熱処理など業種で約55万人を雇用している3万3000余りの韓国中小企業が「連鎖倒産」の危機を迎えている。

京義道始華(キョンギド・シファ)地域のめっき加工会社などの6月の平均稼働率は30-40%と、1年前(70-80%)の半分に落ちた。京義道半月(バンウォル)めっき事業協同組合所属62社の6月の平均稼働率は24.1%と、過去最低となった。

韓国鋳物工業協同組合のソ・ビョンムン理事長は15日、「全国の鋳造会社約600カ所を調査した結果、先月の売上高は前年同月比で50%以上減少したことが分かった」と述べた。韓国金属熱処理工業協同組合のチュ・ボウォン理事長は「政府が何らかの対策を出さなければ、年末までに中小製造業者の30%は閉鎖するだろう」と予想した。

日本の一部の自動車部品企業は国内業者との取引をやめて台湾またはベトナムに取引先を変更したと伝えられ、「輸出」も厳しい状況だ。ある中小企業代表は「日本企業が数十年間続けてきた取引を最近、突然中断した」とし「両国間の貿易紛争のためとみられる」と話した。

慶尚北道(キョンサンブクド)地域ある鋳造会社代表は「根幹産業が崩れれば自動車も走れず、飛行機も飛べなくなる」とし「政府の一時的な電気料金引き下げなど支援が切実だ」と吐露した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP