주요 기사 바로가기

WHO「来週、中国に調査チームを派遣…新型肺炎の起源調査」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.30 13:05
0
世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の起源を調べるために来週中国に調査団を派遣すると明らかにした。「中国起源説」をめぐって米国と中国が激しい舌戦を繰り広げて注目される。

29日(現地時間)、ロイター通信やガーディアンなど外信によると、WHOのテドロス事務局長はこの日、スイス・ジュネーブWHO本部で開かれたテレビ会議で「来週、中国に調査団を派遣する」と話した。「新型コロナウイルスの起源を含んでウイルスに関するすべてを分かればさらによく戦うことができる」と理由を明らかにした。

彼は今回の調査を通じて「新型肺炎がどのように始まり、未来に備えるために私たちに何ができるか理解できることを願う」と付け加えた。これに先立ち、WHO調査団は新型肺炎の拡大初期である2月に中国で現地の被害状況を調べたことがある。

今回の調査は新型肺炎事態が手のほどこしようもなく深刻化すると下した決定とみられる。テドロス事務局長はこの日、新型肺炎の初めての発病報告以来累積感染者が全世界で1000万人を超え、死亡者は50万人以上となったと明らかにした。同時に、彼は「感染は終息に近づいてさえいない」と明らかにした。また「多くの国がある程度進展を成し遂げたが、パンデミックは加速している」と懸念した。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、韓国時間30日午前10時を基準に新型肺炎感染者は1026万8786人、死亡者は50万4345人に達する。

今回の調査で国際社会で激しい論争の対象となっている「新型コロナの起源」が究明されるかに注目を集めている。中国は昨年12月31日、WHOに武漢で新型肺炎が集団発病したと報告した。だが、中国の報告に先立って新型コロナが発病したという疑いが引き続き提起された。中国が序盤の実態を意図的に隠して世界的に被害を増やしたという批判も浴びてきた。WHOも事態初期に中国を意識して対処に消極的だという指摘を受けた。

この日、テドロス事務局長は現在の新型肺炎パンデミック状況を「終息に近づいてさえいない」と判断した。また、誤った情報、新型コロナの政治などで国家間、国内で分裂が生じたとして「残念だが、まだ最悪には近づいていない。このような環境と条件で私たちは最悪を恐れるべきだ」と話した。

テレビ会議に同席したWHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は副作用がなく効果的な新型肺炎ワクチンを探すために努力しているが、成功を保障することは難しいと説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP