주요 기사 바로가기

韓国与党代表、韓国のG7参加に反対した安倍氏に「姑息な小国外交に遺憾」

ⓒ 中央日報日本語版2020.06.29 13:45
0
韓国与党「共に民主党」指導部が29日、韓国の主要7カ国(G7)首脳会議への参加に反対した安倍晋三首相を批判した。

金太年(キム・テニョン)院内代表はこの日の最高委員会議で「近い隣国の韓国をけん制する安倍氏の姑息な小国外交に遺憾」としながら「中堅国家の地位を放棄しようということなのか、問わざるを得ない」と指摘した。

金氏は引き続き「コロナに対抗する国際社会の協力に安倍氏が冷水を浴びせてはいけない」と強調した。

朴洸オン(パク・グァンオン)最高委員も「朝鮮を侵略して、反倫理的犯罪を犯した日本はまだ歴史をわい曲している」とし「今や良い隣国として、国際秩序を形成する責任も放棄したということなのか問いたい」と突いた。

イ・ヒョンソク最高委員は「日本のこのような措置の裏には、韓国経済が日本を追い越すのではないかという恐れが内包している」とし「日本の姑息なけん制は、自国の国際社会からの孤立だけを招くだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表、韓国のG7参加に反対した安倍氏に「姑息な小国外交に遺憾」

    2020.06.29 13:45
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党「共に民主党」の金太年・院内代表
    TOP