주요 기사 바로가기

韓国与党院内代表「ボルトン氏の空言にも文大統領の韓半島平和のための努力を隠すことはできない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.24 15:45
0
韓国与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)院内代表は24日、野党と一部のメディアに対して「米国ネオコン(タカ派の新保守勢力)と日本の主張と同じだ。米ネオコン、日本と手を握った土着分断勢力が韓半島(朝鮮半島)の平和と繁栄を邪魔する『3大分断勢力』であることが明らかになった」と主張した。

金太年氏はこの日、党最高委員会議でジョン・ボルトン元米国大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録『The Room Where It Happened: A White House Memoir(それが起きた部屋:ホワイトハウス回顧録)』の波紋に関連し、「野党と一部のメディアはボルトン氏の一部の主張を脚色して韓半島平和プロセスを蔑視し、批判している」と話した。

金太年氏は「ボルトン氏の空言にも、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓半島平和のための刻苦の努力を隠すことはできない」とし「政治的目的を持って出版された回顧録の意図的なわい曲にもかかわらず、文大統領が米国と北朝鮮を仲裁するためにどれくらい粘り強く努力したか知ることができる」と話した。「ネオコンの悪だくみと日本の妨害で分断70年を中断し、韓半島統一の歴史的転換になる千載一遇の機会が消えたという痛嘆な真実が残念でならない」とも述べた。

金太年氏は「ボルトン騒動の教訓は、外交の灯りで韓半島の闇を照らしていかなければならないということ」としながら「国際社会の支持と協力を引き出すために、もう一度韓半島のハンドルを握らなければならない」と主張した。

金太年氏とともに民主党内の親文(親文在寅)主流派に分類される金ギョン侠(キム・ギョンヒョプ)議員も同じ主張を展開した。この日、フェイスブックに掲載した「終戦宣言(韓半島平和体制)を邪魔する3大勢力の実体」というタイトルのコメントを通じてだ。金ギョン侠氏は終戦宣言を邪魔する3大勢力について「1.米国内ネオコン(武器商売のために) 2.日本国内の極右勢力(軍事大国化のために) 3.韓国内の守旧勢力(分断商売-理念商売による政治的利益ために)」と記した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党院内代表「ボルトン氏の空言にも文大統領の韓半島平和のための努力を隠すことはできない」

    2020.06.24 15:45
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党「共に民主党」の金太年・院内代表が24日午前、国会で開かれた党最高委員会議で発言している。 イム・ヒョンドン記者
    TOP