주요 기사 바로가기

爆破・暴言にも、文大統領の回答は「忍耐」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.18 11:33
0
北朝鮮はこの日午前、金与正氏の談話をはじめとしてチャン・グムチョル統一戦線部長の談話、人民軍総参謀部報道官の発表、朝鮮中央通信の論評および報道などさまざまな形式の立場を発表した。金与正氏は文大統領を狙い、チャン・グムチョル氏は「韓国側当局とはこれ以上向かい合って座りたくない」と非難した。

韓国の合同参謀に該当する北朝鮮人民軍総参謀部はこの日、金剛山(クムガンサン)観光地区と開城工業地区に軍隊の再配備、撤収した非武装地帯(DMZ)境界警戒所(GP)への兵力の再展開、境界隣接地地域付近で各種軍事訓練の再開を宣言した。事実上9・19南北軍事合意の破棄だ。

複数の消息筋によると、この日、前方DMZ内一部の北朝鮮軍民間と警察警戒所(GP)部隊全員が鉄甲帽(防弾帽)をかぶって小銃に帯剣を装着した姿が陸軍監視装備に捉えられた。北朝鮮軍GP部隊は普段布で作った戦闘帽をかぶり、勤務に出る時に限って鉄甲帽をかぶるという。

北朝鮮軍前方部隊出身の脱北者は「銃剣を所持するのは戦争に出る時に限るということを北朝鮮で教わった」と話した。政府消息筋は「人民軍総参謀部がこの日『全般的戦線で戦線警戒勤務級数を第1号戦闘勤務体系に格上げする』と明らかにしたが、これに関連した措置と評価される」と話した。

朝鮮中央通信論評は「一歩間違えればそれに相応してもう忘れられていた『ソウル火の海』説が再び浮上するかもしれない」と威嚇し、朝鮮中央通信報道は「15日南朝鮮当局が特使派遣を懇請する三文の値打ちもない芝居を演出した」と報じた。金正恩委員長宛てに鄭義溶青瓦台国家安保室長と徐薫国家情報院長を特使として最も早いうちに派遣すると送った内容を拒んだと明らかにした。

青瓦台は北朝鮮が特使派遣提案を一方的に公開したことに強い不満を表わした。

尹首席は「北朝鮮は韓国側が現状況の打開のために対北朝鮮特使派遣を非公開で提案したことを一方的に公開した」として「これは前例のない非常識な行為や対北朝鮮特使派遣提案の趣旨を意図的に歪曲した処置として強い遺憾を表明する」と明らかにした。

尹首席は「最近北朝鮮の一連の言動は北朝鮮にも全く役に立たないだけでなく、これによって発生するすべての事態の結果は全面的に北朝鮮が責任を負わなければならないだろう」とし、「特に、北朝鮮は今後基本的な礼を尽くしてほしい」と話した。

一方、金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官はこの日「南北関係の悪化のすべての責任を負って退く」とした。結果的には金与正氏が談話で対北朝鮮ビラ問題について「ビラを放置したのは南朝鮮当局の責任」とし「(だが、文大統領の演説は)責任回避のための弁解で一貫した」と批判した直後、金長官が退く格好になった。 爆破・暴言にも、文大統領の回答は「忍耐」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP