주요 기사 바로가기

文大統領「南北関係、このような状況まで…対北朝鮮ビラを阻止できず残念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.18 07:01
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が17日「南北関係を解決しようとしたが、このような状況まで来たのが本当に残念」と述べたという。また、脱北者団体の対北朝鮮ビラ散布についても「阻止できず残念」と述べた。この日昼間12時、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官、林東源(イム・ドンウォン)・朴在圭(パク・ジェギュ)・丁世鉉(チョン・セヒョン)・李鍾ソク(イ・ジョンソク)元統一部長官、朴智元(パク・ジウォン)元議員、統一研究院の高有煥(コ・ユファン)院長などが参加した2時間余りの午餐会でだ。

この日午前、金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長の談話にまもなく続いた尹道漢(ユン・ドハン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席の「無礼で非常識だ」という反論が行き来していた時は文大統領が怒ったという観測があった。だが、午餐会では南北関係への意志と残念さ、衝撃、遺憾などを表明したという。ある出席者はこの日、電話インタビューで「大統領の意向が下(実務陣)によく履行されず、このような状況になって大統領がとても残念に思っていたようだ」と伝えた。実際、文大統領は昨年末から「来年から北朝鮮問題を突破する」という意志を参謀陣に数回表現していたという。今年新年の辞で米朝関係と関係なく南北が自主的な努力で関係を改善するという構想も明らかにした。だが、それが履行されなかったということだ。出席者は「実定法などが後押しするべきだが、それができずこのような状況になって(文大統領が)虚しく思っていた」と伝えた。

米朝対話に関連しては、文大統領が「ドナルド・トランプ大統領が〔金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長との非核化〕方法に同意したが、米国政府がトップダウンではなかった」として「下が反対して実現できなかったのが残念」と話したという。

一部の出席者は特使派遣要請の過程などに言及して現在の青瓦台・政府の外交安保ラインに対する問題も指摘したという。ある出席者は「責任を負わなければならない」とまで話したと朴元議員が伝えた。朝鮮中央通信はこの日朝、韓国側が提案した特使が鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長とも公開したが、この日午餐会には鄭室長と徐院長も参加した。ただし、出席者は特定要人を指定したわけではないという。

文大統領は脱北者団体の対北朝鮮ビラ散布についても言及したという。ある出席者は「文大統領が現行法でも対北朝鮮ビラ散布を防げたのに阻止することができなかったのが残念だと述べた」という。ただし、文大統領は「かつて(現行法)適用しなかったのに適用すれば問題提起があり得る。だから特別法を作るなどの方式で全般的に対北朝鮮ビラ関連法を整理したほうが良いだろう」と述べたとある出席者は伝えた。

この出席者は「文大統領が北朝鮮の共同連絡事務所の爆破に関連して国民がどれほど失望したか大いに心配した。本人の衝撃も言うまでもなく」と付け加えた。文大統領は金与正氏の談話については具体的に言及しなかったという。ただし「北朝鮮が暴言を吐くと国民が傷つける可能性もあるため、北朝鮮の発言に負担を感じているようだった」とした。

朴元議員は懇談会後、自身のフェイスブックに「大統領は現状況を詳細に把握しており、忍耐しながら米朝との対話で難局を乗り越えなければならないという意志を各出席者との意見交換のたびに強調した。政府当局者も北朝鮮の最近の一連の態度に忍耐の限界を感じているといった」と書いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「南北関係、このような状況まで…対北朝鮮ビラを阻止できず残念」

    2020.06.18 07:01
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が17日、歴代政府の外交安保分野の元老を青瓦台常春斎(サンチュンジェ)に招いて昼間12時から午後2時まで午餐会を開いた。最近急激に悪化した南北関係がテーマだった。文大統領がこの日、朴在圭・李鍾ソク・丁世鉉元統一部長官、文正仁・大統領統一外交安保特別補佐官、徐薫・国家情報院長(左から)と対話している。[写真 青瓦台]
    TOP