주요 기사 바로가기

韓国外交部、今日午後に駐韓日本大使を招致…日本の軍艦島「歴史わい曲展示館」に強く抗議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.15 13:52
0
韓国外交部は15日、冨田浩司駐韓日本大使を呼んで日帝強占期における強制徴用の歴史をわい曲する内容が入っている日本の産業遺産情報センターの開館に対して強く抗議する予定だ。今回の招致は午後2時ごろ、李泰鎬(イ・テホ)外交部第2次官を通じて行われる予定だ。

日本は2015年7月、端島(別名・軍艦島)など、朝鮮人強制労役施設7カ所を含む明治時代の産業遺産23カ所を世界文化遺産に登録し、「情報センターを設置し、1940年代に一部の施設で多くの韓国人らが本人の意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働くことを強要(forced to work)されたという事実を公開するなど、被害者を忘れないようにするための適切な措置を取る」と約束した。

しかしこの日、日本政府が東京都新宿区にある総務省第2庁舎別館に設け、午前10時30分から予約訪問客に開放した産業遺産情報センターにはこのような内容は含まれていなかった。むしろ徴用被害そのものを否定する内容の証言動画を公開するなど、これを否定するような様子だった。世界文化遺産登録当時、日本政府が明らかにした立場や国連教育科学文化機関(ユネスコ)が日本に要求した措置事項とは全く違う内容だ。

当時、日本政府は「遺産を構成する各施設の歴史全体について理解できるよう(an understanding of the full history) 説明する取り組みが必要」というユネスコの勧告を誠実に履行していくと明らかにしたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部、今日午後に駐韓日本大使を招致…日本の軍艦島「歴史わい曲展示館」に強く抗議

    2020.06.15 13:52
    뉴스 메뉴 보기
    東京都新宿区にある総務省第2庁舎別館に設けられた産業遺産情報センター内部の様子。[写真 産業遺産情報センター]
    TOP