주요 기사 바로가기

対北ビラ散布禁止論争が激化 野党系大学教授「安倍氏が圧力かけたら水曜集会もやめさせるのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.12 14:00
0
北朝鮮に対するビラ散布禁止法をめぐる論争が加熱している。韓国与党「共に民主党」では境界地域の安全に加えて南北関係改善など国益の観点からもビラ散布は制限しなければならないという立場だ。「脱北団体のビラ散布行為は大韓民国の国益に何の役にも立たない」〔尹建永(ユン・ゴンヨン)民主党議員〕、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の最側近である金与正(キム・ヨジョン)副部長が果たしてビラ程度の小さなことのために自ら前に出ただろうか」〔金弘傑(キム・ホンゴル)民主党議員〕などの論理だ。

これに対して野党では「国益を理由に憲法上の表現の自由を侵害することが話になるか」とし、12日に批判レベルを高めた。4・15総選挙時、野党「未来統合党」候補としてソウル松坡(ソンパ)丙地方区から出馬した金根植(キム・グンシク)慶南(キョンナム)大学教授はあるラジオに出演し、「日本政府や安倍首相が『われわれを非難するな』といって圧力を加えて国益を侵害してきたら、毎週日本大使館前で開かれている水曜集会もやめさせるのか」と反問した。ビラ散布も水曜集会のように自由民主主義国家で国民が持つ意思表明の自由範疇に属するのに、国益を理由にこれを侵害しようとする発想がナンセンスという意味だ。

金教授はあわせて現政権の2015年慰安婦合意無効化措置を例にあげた。金教授は「文在寅(ムン・ジェイン)政府が合意を無効にした最も決定的な内容が何か」とし「当時日本と朴槿恵(パク・クネ)政府が合意した内容の中に、少女像撤去という裏合意があったが『これは政府ができることではない。民間が作ったものなのに、どうしたらこのようなことができるか』と言って無効化させたのではなかったか」と話した。金教授は「同じ理由でビラ散布をする民間の憲法上の自由を金正恩委員長が要求するからといってやめさせることはできない。日本は憎くて金正恩は可愛いのか」とも話した。

野党では「現象だけ見て裏を見ることができない非常に近視眼的な拙速対策」という批判も出てきた。国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表はこの日の党最高委員会議で「北朝鮮のこのような超強硬態度は単なるビラのためだろうか。政府はそのように判断しているのか」と問い直しながら「今の政府の姿は金与正の一言にびっくり驚天して、こっちに走りあっちに走りするみっともない姿」と批判した。

安代表はそれと共に「北朝鮮が韓国政府に理由もなく敵対的に出てくれば、最低限その狙いと背景を分析し、国民に説明することが順序なのではないか」とし「大統領は今からでも国家安全保障会議を招集して北朝鮮の狙いが何なのかを分析して国民に説明せよ」と迫った。

同じ党の李泰珪(イ・テギュ)事務総長も「金与正の対ビラ難癖発言が本当に単にビラに対するものなのか、実際は策略が別にあるのではないか、政府の判断を聞きたい」とし「表面上ではビラのことを持ち出したが、実際は核ミサイル体系完成のための名分をつくり、核保有国としての軍縮交渉に出ようとしている腹づもりなのではないか国民が心配している」とこれに加勢した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    対北ビラ散布禁止論争が激化 野党系大学教授「安倍氏が圧力かけたら水曜集会もやめさせるのか」

    2020.06.12 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    金根植(キム・グンシク)慶南(キョンナム)大学教授
    TOP