주요 기사 바로가기

「親日」叫べば護衛武士が登場…よく似たチョ・グク事態と尹美香事態

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.30 13:16
0
「尹美香(ユン・ミヒャン)事態は予想通り第2のチョ・グク事態になるようだ」。陳重権(チン・ジュングォン)元東洋大教授が28日、フェイスブックでこのようにコメントした。共に民主党の尹美香議員(前正義記憶連帯理事長)をめぐる各種疑惑の陣営対決様相が昨年の「チョ・グク事態」の流れと似ているということだ。野党から「チョ・グク・フレームはもううんざり」(李泰珪国民の党議員)という評価が出る理由でもある。尹美香議員本人も「暴き立てられたチョ・グク前法務長官を思い出す」とコメントしている。尹美香議員と趙前長官の似た点、異なる点を比較した。

(1)親日フレーム

まず挙げられるのが「親日対反日」フレームだ。与党ではすでに12日、「尹美香議員(当時は当選者)に対する疑惑提起は親日・反人権・反平和勢力の最後の攻勢」(金斗官民主党議員)という評価が出てきた。「日帝と軍国主義にこびる親日メディア、『慰安婦は売春』という親日学者が総動員したようだ」という主張だ。金議員のほかの民主党議員16人も似た内容の声明で尹美香議員を支持する意思を表した。

チョ・グク事態でも似た雰囲気があった。チョ・グク前長官は波紋が広がる直前の昨年7月、フェイスブックで「経済戦争が勃発した。愛国か利敵か」とコメントした。韓日貿易紛争の局面で政府と対立する意見を事実上「利敵」と見なした。その後、法務部長官に指名されて「チョ・グク事態」が本格化すると、与党支持者の間で「趙長官に対する攻撃は親日勢力の攻勢」という雰囲気が表れた。

(2)陣営対決

進歩・保守両陣営の全面戦争様相は似ている点だ。チョ・グク事態当時、小説家のコン・ジヨン氏らがチョ前長官を積極的に擁護したように、今回も親与党性向の民主党外部の人たちが「尹美香擁護」に積極的に乗り出す姿だ。慰安婦被害者を扱った映画『低い声-アジアで女性として生きるということ』を演出したピョン・ヨンジュ監督は、李容洙(イ・ヨンス)さんの最初の記者会見直後、「あの(李容洙さん)おばあさんは元々そのような方。あまりも大きくなればおばあさんが法的な責任を負わなければいけない状況がくる」と話した。放送界のキム・オジュン氏は「記者会見文を読んでみると、李容洙さんが書いたものでないのは明白」と述べ、「尹美香護衛武士」として登場した。

一方、保守野党の政治攻勢はチョ・グク事態当時と比べると強くないという評価だ。統合党は「特別委員会」を設けたが、相対的に攻勢の程度は高くない。総選挙の惨敗と党内の雰囲気が攻撃力を弱化させたという指摘だ。統合党のある議員は「国民が問題意識を十分に持つ状況で党があまりにも前に出れば、むしろ政治攻防と見なされて逆効果が招くことを懸念している」と語った。

(3)与党の亀裂

「尹美香擁護」の気流が強い民主党で間けつ的に苦言が出てくるのも、チョ・グク事態当時と似ているという評価だ。チョ・グク事態当時は琴泰燮(クム・テソプ)元議員が「言動不一致で若者を傷つけた」と内部批判をした。今回は「この懸案は不逮捕特権を作動するものでもない」(朴用鎮議員)、「正義連の活動をして政界に来たことが根本的な問題」(姜昌一元議員)などの声が出ている。

ただ、27日に李海チャン(イ・ヘチャン)代表が「暴き立てるような疑惑提起に屈服してはいけない」と述べた後、尹美香議員に向けた内部の批判も弱まっている。むしろ「報道が事実でなく誇張されている部分も多い」(ソル・フン最高委員)、「我々の社会、一部のメディアが尹氏を度が過ぎる方向に追い込んでいる」(崔敏姫元議員)、「尹美香比例代表候補の推薦には異論がなかった」(禹希宗元共に市民党代表)などと擁護する雰囲気が強まった。

(4)国会での記者会見

国会で釈明する記者会見も似ている。チョ・グク前長官は人事聴聞会の日程をめぐり与野党が対立した昨年8月、「国民聴聞会」カードを取り出した。結局、民主党の配慮で人事聴聞会(9月6日)の4日前(9月2日)に国会で12時間近く記者懇談会を開き、自身をめぐる疑惑は「事実でない」と積極的に釈明した。

尹美香議員も第21代国会開院(30日)を翌日に控えた29日に国会で記者会見を自ら要望し、自身をめぐる疑惑を釈明した。尹美香議員は23分間の会見で「もっと早く事実関係を説明できなかった点を申しわけなく思う」と述べながらも、▼安城(アンソン)憩いの場高価購入疑惑▼2015年の韓日慰安婦合意を被害者に事前説明しなかったという疑惑▼募金を被害者に渡さなかったという疑惑▼個人口座で募金したお金を私的に流用したという疑惑--などについて「事実でない」と全面否認した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP