주요 기사 바로가기

ソウル大学名誉教授「進歩、慰安婦被害者の李容洙さんまで攻撃…衝撃的」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.28 10:29
0
「真の進歩なら日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)事態以降、猛省と省察をしただろう。ところが進歩を自任する人々は尹美香(ユン・ミヒャン)氏を死守しようと白黒構図に持ち込むことに没頭した。さらには、慰安婦被害者である李容洙(イ・ヨンス)さんまで標的にした」

中民社会理論研究財団(中民財団)理事長でソウル大学名誉教授の韓相震(ハン・サンジン)氏が27日、正義連と尹美香氏(与党「共に民主党」当選人)論争について述べた言葉だ。この日ソウルプレスセンターで開かれた中民財団討論会でだ。進歩指向の社会学者で金大中(キム・デジュン)政府で政策企画委員長を務めた韓氏は「進歩はこれ以上市民社会を代弁する過去の進歩ではない」とし「国家権力を中心にした既得権集団、または既成体制に変貌する可能性が高い」と診断した。韓氏は中央日報の電話取材に対しても「金大中・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府の時でさえ、進歩陣営は国家あるいは政治権力と距離をおいてけん制役を自任していた」とし「反面、最近では国家権力と自身を同質化する傾向を示している」と指摘した。

あわせて「国家権力と同じ側に立った進歩勢力が『自己確信』で武装して敵と味方を分けて相手を排斥していて憂慮される」とし「一部の団体はむしろ国家権力の一部になるか、社会の既得権になっていく段階にある」と話した。

最近の正義連・尹美香事態もその延長線だととらえている。韓氏は「与党と一部の進歩市民団体は特定人(尹氏)を死守することに没頭し、一部の人々は親日・反日フレームを組んだ後に李容洙さんまで攻撃した」とし「国家暴力で犠牲になった被害者の味方になるのが進歩の価値なのに、むしろ特定人や集団の権力を守ろうと被害者を暴力の隙間に投げ入れた格好だ。衝撃的なほど異常な形態」と指摘した。

177議席を確保した共に民主党に対しては「今後、進歩陣営の『内部批判』さえも激しく追い詰められるような状況が来れば、進歩の危機が到来するかもしれない」と展望した。未来統合党など野党圏をめぐっては「進歩の変質が合理化される裏には、統合党など保守陣営に対する『軽蔑』が根づいている。統合党が健全な牽制者役を果たせるかどうか、現在としては疑わしい」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル大学名誉教授「進歩、慰安婦被害者の李容洙さんまで攻撃…衝撃的」

    2020.05.28 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    韓相震ソウル大学名誉教授
    TOP