주요 기사 바로가기

韓経:韓国防疫当局「コロナ治療剤開発、容易ではない…効果立証された薬はまだない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.27 09:53
0
韓国防疫当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の治療剤とワクチン開発は容易ではないという見解を出した。米国では新型コロナの有力な治療剤候補に挙げられているレムデシビル、ヒドロキシクロロキンなどの効能をめぐり論争が絶えない。

中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は25日の定例記者会見で、「現在まで治療の効果が立証された新型コロナ治療剤はない」とし「新型コロナの治療剤とワクチン開発は容易ではない」とした。現在、国内で開発中の新型コロナのワクチン、治療剤の候補物質は40個余りだ。権氏は「治療剤とワクチンを早期に確保することができない状況なので、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)に積極的に協力してほしい」と要請した。

今月初め、セブランス病院で新型コロナ重症患者2人を完治させた血しょう治療効果に対しても、まだ確信できないと明らかにした。権氏は「中和抗体が防御力を備えた可能性が高いといっても確実な状況ではない」とし「この抗体がどれくらい持続するのか、感染した後どれくらい生成されるのか、まだ正確に分からない」とした。

血しょう治療は感染病が完治した患者の血液でウイルスを攻撃する中和抗体が入った血しょうを分離して他の患者に注入するものだ。防疫当局が回復期にある患者25人を調査した結果、すべての患者から中和抗体が生成されていたが、新型コロナを治療する効能があるかどうかは立証されなかった。医療界の一部からは、この治療法が科学的根拠がないため大きな効果を期待するのは難しいという指摘も出ている。

米食品医薬品局(FDA)はマラリア治療剤であるクロロキンとヒドロキシクロロキンの深刻な副作用について警鐘を鳴らしている。クロロキンとヒドロキシクロロキンはドナルド・トランプ米大統領が新型コロナ事態の流れを変える「ゲームチェンジャー」と好評した薬物だ。FDAは24日(現地時間)、新型コロナ患者にこの薬物を投与する場合、心室の洞性頻脈や心室細動など、心臓拍動に異常をきたす可能性があると警告した。

アンドリュー・クオモ・ニューヨーク州知事は市にある22カ所の病院に入院中の患者約600人にヒドロキシクロロキンを投与したが回復に大きな影響を与えることができなかったと明らかにした。23日には、ギリアド・サイエンシズがエボラ治療剤として開発したレムデシビルが途中で打ち切られた中国の臨床で治療効果を立証できなかったということが伝えられて論争を生んだ。

トランプ大統領が殺菌剤の人体注入を検討してみようとする発言も俎上に乗せられた。ウイルスが高温多湿な環境に弱く、殺菌剤に露出すればはやく死ぬという研究結果にともなう言及だった。しかし多くの人を危険に陥れかねないという批判を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP