주요 기사 바로가기

現代車、水素燃料電池システムを米国・欧州に輸出

ⓒ 中央日報日本語版2020.04.20 16:16
0
現代(ヒュンダイ)自動車が水素燃料電池システムを米国と欧州に輸出できるようになった。

韓国産業通商資源部は20日、産業技術保護委員会の書面審議を経て、現代車の水素借用水素燃料電池システムの技術輸出の承認を議決した。

現在、水素燃料電池システムなど69の技術が国家コア技術として指定・管理されている。政府の支援を受けて開発された国家コア技術を輸出するためには関連法令に基づいて産業技術保護委員会の承認を受けなければならない。

水素燃料電池システムとは、水素を活用して電気を生産する装置で、内燃機関車のエンジンに該当する水素自動車の核心部品だ。水素燃料電池システムの設計と製造技術は現代自動車、トヨタなどごく少数の企業のみ保有している先端コア技術で、今後水素自動車の需要が急増すれば技術的・経済的価値が非常に高いと期待される。

産業技術保護委員会は、現代車の水素燃料電池システム技術輸出の技術流出の可能性、国民経済への影響などを総合的に考慮し、対米国、対欧州の技術輸出をそれぞれ承認したと説明した。これにより、現代車は自社の水素燃料電池システムと米国の商用・発電用ディーゼルエンジンの製造専門企業カミンズのモーターなど駆動装置の技術を活用し、北米商用車市場に水素自動車の核心部品を供給することができるようになった。

産業部の関係者は「今後も技術格差、輸出方式などの技術安保面と技術輸出による経済面について総合的かつ戦略的に判断し、国家核心技術の輸出承認の有無を決定する計画」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車、水素燃料電池システムを米国・欧州に輸出

    2020.04.20 16:16
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車の水素電気自動車ネクソ[写真 現代自動車]
    TOP