주요 기사 바로가기

「水にもコロナ陽性」 米CDC、不良キットで74年の名声に泥

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.20 10:28
0
エイズやエボラの時は世界最高の防疫機構という名を馳せた米国疾病予防管理センター(CDC)はなぜ新型コロナ事態では失敗したのだろうか。CDCが1月末に作った診断キットの不良で6週間検査ができなくなったためだ。これを受け、米国は1月31日真っ先に中国人の入国を封じ込めたが、自国民の感染者を早期に識別・隔離して拡散を抑制することに失敗した。

ワシントンポストとニューヨークタイムズは18日「CDC本部研究所で防疫服もまともに着替えずにコロナウイルスの養成サンプルがある同じ場所で汚染された診断キットを作った」という米食品医薬品局(FDA)の調査結果を報じた。汚染された診断キットは、水にも陽性反応を見せた。ステファニー・カッコモFDA報道官はこの日、声明で「CDCは自己製造基準に合致する検査装備を生産しなかった」と明らかにした。

2つの新聞によると、CDCは1月中国から入手した新型コロナウイルスの遺伝子情報によりジョージア州アトランタ本部研究所3カ所で診断キットを製造した。医療検査装備を監督するFDAの調査で民間企業の製造施設にも至らない専門性の不足と粗末なCDCの製造実態がそのまま明るみに出た。

CDC研究者は防疫服もまともに着替えずにコロナウイルス研究室を出入りし、養成サンプルがある同じ場所で診断キットを組み立てた。その後、コロナウイルスですでに汚染された不良の診断キットを米国全域の公衆保健研究所に普及させた。

その結果、CDCが1月末初めて引き渡された量を供給した全国26公衆保健研究所のうち24カ所で比較群で検証した、いかなる遺伝子物質も含まれていない高純度精製水でも虚偽の陽性反応が確認されたとワシントンポストは伝えた。診断キットがコロナウイルスによって交差汚染された状態だったということだ。

CDCが問題点を見つけて解決した後、FDAに再び診断キットの緊急使用承認を得たのは2月4日最初の承認を得て6週間後である3月15日だった。中国武漢で昨年12月発病して以来ワクチンはもちろん、治療法も見つけられていない中で拡大を防ぐ防疫手段が診断検査しかない状況で6週間の検査空白は米国に大災難をもたらした。

3月15日まで2900件に過ぎなかった累積感染者はわずか1カ月で73万4969件で250倍以上増えた。死亡者も同日63人から18日深夜12時現在3万8910人に、600倍以急増した。

このようにCDCが製造した診断キットが不良ということが分かると、FDAの管理は2月末CDC本部を訪問して診断キットの製造を中断することを勧告した。CDCは結局3月中旬から民間企業が診断キットを製造して全国100公共研究所に供給する方針に政策を変えざるを得なかった。FDAも3月12日ロシュを含んで4月18日韓国オサンヘルスケアまで40カ所の韓国内外企業の診断キットに緊急使用承認を許可した。これは「CDCの新型コロナ診断キットの性能は74年間の誇らしい歴史の名声に泥を塗った事件」(ワシントンポスト)になった。

ハーバード大学専門家たちは米国がこの日まで400万件の検査を実施したが、経済を再開するためには現行の一日に15万件の3倍以上である一日50万件の検査を行う必要があると勧告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP