주요 기사 바로가기

「映画産業崩壊の危機、政府の支援切実」韓国映画関係者の訴え

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.03.25 13:48
0
新型コロナウイルス感染症で危機を迎えた韓国映画が政府の支援を求めた。

25日、韓国映画プロデューサー組合、韓国映画監督組合、映画団体連帯会議、映画輸入配給会社協会、韓国上映館協会、韓国映画マーケティング会社協会、女性映画人の集まり、韓国映画デジタル流通協会、韓国映画撮影監督組合、芸術映画館協会、韓国映画制作家協会、CGV、ロッテシネマ、メガボックス、シネQなどで構成されたコロナ対策映画連帯会議は「新型コロナウイルス感染症で映画産業崩壊の危機、政府の支援が切実だ」との声明を発表した。

この声明文で「韓国映画産業は新型コロナウイルス感染症という逃れることのできない巨大な波に遭遇した。韓国映画産業は今、その深さも計り知れない深淵の中に引き込まれる絶体絶命の危機を迎えた」とし「▼映画産業を特別雇用支援業種に選定▼映画産業被害支援のための政府の金融支援政策施行▼政府の支援予算編成と映画発展基金の緊急投入」を提案した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「映画産業崩壊の危機、政府の支援切実」韓国映画関係者の訴え

    2020.03.25 13:48
    뉴스 메뉴 보기
    メガボックス
    TOP