주요 기사 바로가기

嗅覚・味覚の喪失がコロナの兆候? 韓国大邱でも感染者15%が症状訴え

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.25 10:00
0
ソウル江南区(カンナムグ)庁は24日、米国ニューヨークで留学中に帰国したBさん(23、男性)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の陽性判定を受けたが、嗅覚異常症状を訴えていたと明らかにした。Bさんは食欲が落ち嗅覚が鈍くなっていると訴えていたが、検査を受けた後に感染が確認された。ソウル龍山区(ヨンサング)に住む30代男性も、最近、嗅覚異常の症状などで選別診療所を訪れたところ、陽性判定を受けた。

国内外の専門家が新型コロナ感染兆候として、味覚および嗅覚減退症状を挙げている中で、これを裏付ける調査結果が出た。

大邱市医師会が大邱地域の感染者3191人を分析した結果、15.3%に達する488人が嗅覚または味覚に問題があることが分かったと24日、明らかにした。

大邱市医師会は今月8日から24日まで、自宅隔離中の大邱地域新型コロナ感染者3191人を対象に嗅覚と味覚に対する電話モニタリング調査を実施した。回答者の中で12.1%(386人)が嗅覚を失ったと答えたほか、11.1%(353人)は嗅覚は大丈夫だが、味覚に問題があると答えた。嗅覚と味覚ともに異常があると答えた人は7.9%の251人に達した。

大邱市医師会は感染者3191人のうち、咽喉痛・発熱・胸の痛みがない完全無症状者1462人を再び選定して、2次調査も実施した。嗅覚や味覚に異常はないが、発熱または咽喉痛に苦しめられる感染者が異常があると感じて回答しているかもしれないとの判断からだ。2次調査でも嗅覚と味覚の喪失は新型コロナ症状と相当な関連性をにおわせるものだった。2次調査を受けた者のうち、嗅覚に問題があると答えたのは12.9%(189人)と現れたほか、味覚喪失も9.8%(143人)に達した。嗅覚と味覚を両方失ったと答えたのは8.1%(119人)であることが分かった。大邱市医師会のミン・ボッキ副会長は「発熱や咽喉痛などがない無症状の健康な人でも、嗅覚や味覚の喪失を感じれば検査を受けて自宅隔離に入ったほうがいい」と話した。

中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は24日の会見で「嗅覚の弱化や喪失などに関連して、外信を通じて、また国内の耳鼻咽喉学会などを中心に症状に関連した問題提起があることをよく知っている」と話した。

権副本部長は「現在までは熱と呼吸器症状を中心に監視体系を稼動しているが、この部分(嗅覚喪失など)に関しては専門家、また中央臨床委員会などに相談をして、臨床の定義拡大などこのような部分を議論をしてみたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP