주요 기사 바로가기

エノキタケ輸出の韓国会社2社、食中毒菌検出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.19 07:59
0
最近、米国で韓国産エノキタケを食べて4人が死亡した事故に関して韓国政府が調査を行った結果、韓国輸出会社のエノキタケから食中毒菌が検出された。韓国農林畜産食品部と食品医薬品安全処は米国にエノキタケを輸出する会社4社を調査した結果、2社のエノキタケからリステリア菌が検出されたと18日、明らかにした。リステリア菌は髄膜炎などを引き起こして妊娠中に感染すれば流産を誘発する可能性もある食中毒菌だ。

これに先立って2016年11月から昨年12月まで米国では合わせて36人が韓国産エノキタケを食べた後、食中毒症状を見せた。この中で4人は亡くなった。米国疾病予防管理センター(CDC)は10日(現地時間)、リステリア菌に汚染された韓国産エノキタケを食べること、または販売することを控えるように警告し、米国食品医薬品局(FDA)は韓国産エノキタケの全量に回収(リコール)命令を下した。

当初「エノキタケをサラダですぐに食べる米国の食文化」を事故の原因として推定した韓国政府は韓国産エノキタケから食中毒菌が検出することで韓国産エノキタケの生産・流通過程での衛生管理を強化することにした。まず、エノキタケに火を通して食べれば食中毒を予防できるということからエノキタケの包装に「加熱料理用」であることを表示するように制度化する計画だ。また、エノキタケをはじめとするキノコの生産会社を対象に定期的な衛生点検を行い、衛生管理教育・広報を強化するという方針だ。

今後の事故に備えて政府はサラダ・新芽野菜・カップ果物のように加熱・調理せずそのまま食べる「新鮮便宜食品」に対してもリステリア菌検査を実施する。政府関係者は「米国にエノキタケを輸出する4社と韓国21社のエノキタケ生産業者を調査した結果、新鮮便宜食品は生産していないことが分かった」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    エノキタケ輸出の韓国会社2社、食中毒菌検出

    2020.03.19 07:59
    뉴스 메뉴 보기
    米国食品医薬局(FDA)が全量回収(リコール)命令を下したソンホン食品(Sun Hong Food)のエノキタケ。[写真 米国疾病予防管理センター(CDC)]
    TOP