주요 기사 바로가기

【コラム】コロナ避難の韓国民帰国便…中国には民航機・日本には軍用機、なぜ?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.19 07:45
0
韓国政府が18日、日本に「空軍3号機」であるVCN-235を送った。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)のために、横浜港に足止めされていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の韓国国籍者を帰国させるためだ。空軍3号機は空軍の輸送機であるCN-235を主要要人(VIP)が座れるように改造した機体だ。「政府輸送機」とも呼ばれているが、厳密に言えば空軍所属の軍用機だ。

2018年10月にも空軍の輸送機「C-130ハーキュリーズ」が台風26号の被害を受けたサイパンとグアムから国民799人を安全に韓国に帰国させたことがある。当時、軍用機を派遣した国は韓国が唯一だった。

すると一部では「日本は正しく、中国は間違っている」と裏でヒソヒソ言う。韓国政府はまるで新型コロナの温床のようになってしまった中国武漢に民間チャーター機を3回派遣して海外同胞を輸送した。当時、政府は軍用機の投入を全く考慮していないと話した。その政府が日本に対しては軍用機をはばかることなく飛ばした。韓国がさらに積極的に改善を望む韓中関係と、両国が互いによそよそしい韓日関係にそれぞれあわせるためなのか、ホン・サンス監督の映画のタイトル『正しい日 間違えた日』を遠回しに当てこする言葉が出ている。

しかし、政府関係者は「ダイヤモンド・プリンセスで韓国国民が少なく、チャーター機を借りるのが高かったため軍用機を利用するしかない」と話した。現在、クルーズ船に乗船している韓国人は乗客9人、乗員5人など合計14人だ。このうち6人と日本人配偶者1人の7人が帰国する。彼ら7人のためにチャーター機を借りるのは経済的ではない。軍関係者は「米国もチャーター機を派遣した」とし「中国は外国軍航機の自国領空進入を敬遠する」と説明した。

だが、この話は半分だけが正しい。米国の場合、大型航空会社ではなく、米国政府と特別契約を結んだカリッタエアおよびナショナル・エアのチャーター機が中国に向かった。同社の主な顧客は米軍であり、米軍の人員と装備を全世界に運んでいる。

ドイツ・イタリア・トルコは武漢に軍用機を派遣した。これらの国々のフラッグ・キャリアであるルフトハンザ、アリタリア、ターキッシュ・エアラインズはどれも武漢路線を運航しているにもかかわらずだ。ドイツは当初、先月29日に輸送機で自国民を移送しようとしたが、中国が反対した。するとドイツは外交ラインを総動員して中国を説得した後、今月1日には多目的空中給油機「A310 MRTT」に自国民110人を乗せて本国に連れて帰った。

イタリア空軍の空中給油機「KC-767」は3日、イタリア国民を本国に運んだ。特にイタリアのKC-767は外部への拡散と伝染を防ぐ生物学的封鎖(Biocontainment)装備を完備している。新型コロナのような感染病が流行している地域からの輸送作戦にあらかじめ備えていたのだ。韓国軍用機も中国を行き来したことがある。2008年5月、四川大地震の時に空軍輸送機「C-130ハーキュリーズ」3機が救護物資を載せて成都に向けて飛んだ。 【コラム】コロナ避難の韓国民帰国便…中国には民航機・日本には軍用機、なぜ?(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP