주요 기사 바로가기

ロシアの独島領空侵犯の時、日本の戦闘機は出撃しなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.25 10:10
0
23日、ロシア軍用機が独島(トクド、日本名・竹島)領空を侵犯した時、日本政府は自衛隊戦闘機を緊急出撃させたと明らかにした。だが、このような発表とは違い、日本メディアは自衛隊戦闘機が独島上空に緊急発進しなかったと24日、一斉に報じた。

この日、朝日新聞は「(ロシア機の独島領空侵犯時に)日本は緊急発進の対応は取らず、韓ロの両政府に外交ルートで抗議した」と伝えた。日本経済新聞も「日本政府は竹島を『わが国固有の領土』としているが、韓国が実効支配している。日本は周辺空域を軍事的な監視下に置く『防空識別圏』に設定せず、通常は緊急発進などの対応はしていない」と報道した。

この日、自衛隊戦闘機は独島ではなく東シナ海に飛んだ。23日午前、中国爆撃機2機が離於島(イオド)北西側から北上しながら対馬近隣の日本防空識別圏(JADIZ)を侵した時、日本政府は自衛隊機を緊急発進させた。引き続き、中国爆撃機2機がロシア爆撃機2機と合流して南下する時もJADIZを侵したため自衛隊機が再び緊急発進した。

このような状況でも日本はごり押し主張を継続した。菅義偉官房長官は23日の定例記者会見の時「今回のことに対して自衛隊の緊急発進で対応した」とし「竹島は日本の領土に関する我が国の立場に照らして、到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ。韓国に対し強く抗議するとともに再発防止を強く求める」と明らかにしたことがある。だが、自衛隊戦闘機は東海上でなく東シナ海に出撃させた。

独島は韓国領土のみならず実効支配しているので韓国防空識別圏(KADIZ)の中に位置する。自衛隊戦闘機が出撃する名分がない。だが、菅官房長官はロシア軍用機の独島領空侵犯に関連し、自衛隊機を緊急発進させたかのように話した。

韓国と日本政府はともに23日、ロシアに領空侵犯を抗議したが、ロシアは韓国政府だけに釈明した。この日午後には菅官房長官の記者会見で関連内容が論争となった。この日、ある日本記者は「竹島侵犯に対し、ロシア政府が韓国に『機器の誤作動だった』として遺憾の意を明らかにしたというが、日本に対してもロシア側が遺憾の意の表明などはあったか」と質問した。菅官房長官は「ロシアと韓国の間のやりとりに関しては(私が)コメントする立場ではないが、いずれにしても今般のロシア軍用機による領空侵犯については、外務省は駐京ロシア大使館に対して厳重に抗議するとともに、再発防止を強く求めた。外交上のやり取りであり、これ以上の詳細については差し控えたいと思うが、いずれにせよ(ロシアから)遺憾の意が伝えられてきた事実はない」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシアの独島領空侵犯の時、日本の戦闘機は出撃しなかった

    2019.07.25 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    23日、中国とロシア軍用機5機が東海の韓国防空識別圏に無断進入した。このうちロシア「A-50」1機は独島近隣領空を2度侵犯した。空軍はF- 15Kなど戦闘機を出撃させて360余発の警告射撃をした。写真は独島上空を飛行中の韓国空軍F-15K編隊。[中央フォト]
    TOP