주요 기사 바로가기

【コラム】ワシントンでのロビー活動、韓国は日本の相手にならない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.18 13:55
0
慰安婦合意の破棄→韓国最高裁の強制徴用労働者賠償判決→日本哨戒機に対する韓国海軍の照射問題で急速に悪化してきた韓日関係は日本の対韓輸出規制という崖っぷちに立っている。安全保障友好国に輸出審査を免除する「ホワイト国」から韓国を除外する期限の18日も、日本で参院選が行われる21日も、事態を沈静局面に転換する変曲点にはならずに過ぎ去っていく。

韓国政府は日本の強攻が参議院選挙用という安易な認識を抱き、安倍首相の北東アジア経済・安全保障構図再編の野望を見ることができなかった。当然、戦略的な対応策は準備しなかった。いま安倍首相は韓国を挑発するメニューを次々と開発しながら韓国人の感情的反作用を呼び、保守・右翼を中心に世論を安倍首相支持に結束させている。

産経新聞は韓国が米国に仲裁を要請していると嘲弄する社説を載せた。また韓国は米国に安倍政権の暴走を牽制してほしいとロビー活動をしている。しかし米高官に会って仲裁を要請するのは外交であり、ロビー活動ではない。米高官は公開的には両国が対話で解決すべきという原則的なリップサービスにとどまり、私的には韓国は米国ではなく日本に行くべきだと話している。対米ロビー活動で韓国は日本の相手にならないというのが残念な現実だ。

日本の対米ロビー活動の歴史はセオドア・ルーズベルト政権(1901年9月-1909年3月)で始まる。日本のロビー活動で親日になったルーズベルトは1905年のポーツマス講和条約で日露戦争の終戦を斡旋し、同年に日本の韓国支配と米国のフィリピン支配を交換する桂・タフト密約を締結した。

これに先立ち米国の初代駐日公使タウンゼント・ハリスは日本の美人計に操られ、米国務省から「あなたは米国公使か日本公使か」という警告を受けた。このように形成されてきた米国内の日本ロビー活動網とジャパンスクールは現在の韓日対立状況で成果を出している。韓国が対米ロビー活動でぶつかる壁は笹川平和財団(SPF)だ。SPFの人脈や資金力と比較すると、韓国のロビー活動力はゼロに近い。したがって韓国は名分をセールすることに集中するしかない。安倍首相はトランプ大統領に劣らず国際貿易秩序をかく乱しているという事実を米国と国際社会に広く認識させ、安倍首相に自国へのブーメランを懸念させる必要がある。

SPF創設者の笹川良一はトランプ大統領以上の変わり者の政治家であり事業家だ。笹川は満州事変が起きて満州傀儡政府ができると、満州に駆けつけて満州国皇帝の溥儀に会い、国内で知名度を高めた。ムッソリーニを崇拝した笹川は連合艦隊司令官の山本五十六が提供した軍用機に乗ってイタリアに渡り、日本伝統衣装の袴を着てムッソリーニと会談した。毎日新聞の特筆大書で笹川は一躍英雄になった。

笹川は東条内閣の太平洋戦争には否定的だったが、正面からの反対は自制し、株式投資、軍需品納品、国際アヘン取引で日本の「政界・財界の黒幕」「最も資金力があるファシスト」となった。小学校卒が学歴のすべてだった笹川は航空学校を経てパイロットの訓練を受け、空軍に入隊した。その縁で笹川は飛行機と飛行場を軍に献納した。1942年には豊富な政治資金をばらまいて衆議院議員に当選した。戦争中、笹川の活動はA級戦犯指定には不足すると見なされた。笹川は占領軍司令部を相手にロビー活動した。マッカーサー司令部は笹川を超国家主義的・暴力的結社および愛国的秘密結社の主要人物として逮捕し、巣鴨刑務所への収監を命じた。

笹川が鴨刑務所入所を命じられた前日、東京では珍しい光景が見られた。笹川は収監予定の前日、軍艦マーチを演奏するブラスバンドを前に出し、後ろには歓呼する支持者を乗せたトラックを率いて巣鴨刑務所まで行進した。笹川は公職追放措置は受けたが、米国の占領政策に協力する戦犯は活用するという米国の占領政策転換で東京裁判にも回付されず釈放された。笹川は巣鴨で、後に首相となる安倍首相の祖父・岸信介を含む著名人と親しい関係を築いた。笹川が「巣鴨は私の人生最高の大学」と語ったのも誇張ではない。
コラム】ワシントンでのロビー活動、韓国は日本の相手にならない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】ワシントンでのロビー活動、韓国は日本の相手にならない(1)

    2019.07.18 13:55
    뉴스 메뉴 보기
    安倍首相(左)が2015年4月、笹川平和財団(SPF)米国支部が主催した年次フォーラムに出席し、ブレアSPF米国支部理事長と対談している。[写真 SPF米国支部]
    TOP