주요 기사 바로가기

新型肺炎を公式で解いた韓国物理学者「2月末99%到達、3月初め終了」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.13 10:08
0
韓国物理学者が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散が事実上2月末に止まると予想した。統計物理学で社会現象を分析する複雑系物理学者である成均館(ソンギュングァン)大学物理学科のキム・ボムジュン教授の予測だ。ソウル大学物理学科で博士号を取得してスウェーデン・ウメオ大学と亜洲(アジュ)大学を経て成均館大学で教鞭を取っている彼は著書『世情の物理学』(2015)、『関係の科学』(2019)などで有名だ。

キム教授は12日午前、ソウル市広津区(クァンジング)のあるカフェで行った中央日報とのインタビューで「現在までの分析によると、最終感染者数は5万1300人余り(12日基準)となり、拡散終了時点は99.9%を基準として2月29日」と明らかにした。拡散水準が99.99%に到達する時を基準として計算すれば3月8日だ。現在のような流れだと、2月末から3月初めには追加拡散が事実上終了するということだ。もちろん、これは中国政府が発表してきた感染者数が正確で、現在感染病の拡散のために注いでいる努力が維持されるという前提の下に可能な予測だ。

キム教授は「新型肺炎の実際の深刻性に比較して過度な不安が社会に広まっているようで予測値を公開し始めた」として主な指標が見せる傾向が中東呼吸器症候群(MERS)事態の時と同じ様相を呈していると説明した。

キム教授チーム(チョ・ウォングク研究員)は中国で発表する感染者数を「ロジスティック回帰模型」(Logistic model)に代入して結果値を予想した。ロジスティック回帰は微分方程式に従う「S字」型(ロジスティックカーブ)の関数でdN/dt=rN(1-(N/K))の方程式を使う。tは時間、Nは感染者数<N(t)はt時点での感染者数>、rは感染率、Kはこの方程式を解けば出てくる収れん値(最終感染者数)だ。時点別に感染者数を代入して感染率と最終感染者数を予測する方程式であるわけだ。実際、2015年MERS事態の時も感染者数の推移をロジスティック回帰模型に代入した結果、予測が的中したとキム教授は説明する。

キム教授チームは今回の新型肺炎の感染者数をロジスティック回帰模型に入力して推移を見守り、最終感染者数であるKが5万人程度で維持され始めると予測結果を公開し始めた。特に、感染者1人当たりの感染率であるrが大幅に落ちる状況に注目した。感染病の拡散初期にはr数値が高騰したが、その後着実に減って一定水準に到達した。12日を基準に0.2807だ。他の変数が発生する可能性もあるが、現在の状況を肯定的に捉えている理由だ。キム教授は「標本データが大きい中国を基準として分析すれば韓国に適用しても予測値は同様に産出される」と説明した。

キム教授は「新型肺炎の発生初期に中国政府の対応問題はさておき、現在の時点では韓国と中国政府が感染病をよく防御していると考える」として「もちろん、努力を止めれば曲線の形が変わる可能性があるが、今のように取り組めば大きな峠は越したため希望を持っても良いと言いたい」と話した。最近「中国人の入国を全面制限しなければならない」という世論があった点については「科学者の観点で見ると、そのような方式は他の副作用を招く恐れがある」と明らかにした。感染病に関するさまざまな調査および研究結果によると、最初発生地の全面封鎖の時、人々が違法な手段で国境を越えることになり、これは統制されない状況で感染病の伝播可能性を高めるということだ。

キム教授は複雑系物理学を研究する理由について「社会現象を予測するのが面白い」と答えた。森林火災がどのように広がるのか、地震がどれほど発生するのかなどを分析し、あるいは政治家の法案発議リストのデータを分析して政治家らの関係ネットをひと目で分析したりもする。ソウル大学物理学科86年度入学生であるキム教授は「私が入学した時、理科生の物理学選好度は最高だったが、最近はそうでない」とし、「統計物理学を勉強した人材が社会の全般でできることが多いが、これからはインフラが構築されてほしい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新型肺炎を公式で解いた韓国物理学者「2月末99%到達、3月初め終了」

    2020.02.13 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    今月12日、ソウル市広津区のあるカフェで成均館大学物理学科のキム・ボムジュン教授が中央日報とインタビューをしている。チョン・ウンヘ記者
    TOP