주요 기사 바로가기

中国シャオミ、新製品を2年連続でサムスンと同日公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.22 16:53
0
韓国のサムスン電子が翌月11日、米国サンフランシスコで「サムスン ギャラクシー・アンパックド2020(Samsung Galaxy UNPACKED 2020)」イベントを開催して、次期作であるGalaxy(ギャラクシー)S20とGalaxy Zを公開する。ところで中国スマートフォンメーカーのシャオミ(小米)もこの日を新製品公開日に決めた。偶然の一致とは考えにくい。2年連続でサムスンと同じ日に自社製品のアンパックド日をぶつけてきたためだ。

シャオミはフラッグシップモデル「Mi 10」を翌月11日に公開した後、14日から販売する予定だ。フラッグシップ製品ということで、クアルコムの次世代AP(アプリケーション・プロセッサ)のSnapdragon(スナップドラゴン)865が搭載されており、5G通信をサポートしている可能性が高い。Galaxy S20もスナップドラゴン865が搭載される。アンパックド日はサムスンと同じだが、米国と中国の時差を勘案すればシャオミが先に新製品を公開することになる。昨年、Galaxy S10のアンパックドイベント日にもシャオミは「Mi 9」を公開してサムスンと日を合わせた。

シャオミはグローバル・スマートフォンのシェアだけでみると1位のサムスンには遠く及ばない。市場調査機関ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、昨年7月-9月期のスマートフォン販売量はサムスン電子(7820万台)、ファーウェイ(華為)(6670万台)、アップル(4560万台)の順で、シャオミ(3230万台)は4位にランクインした。だが、インド市場だけを別に見れば話は変わる。インドだけはシャオミはサムスンはもちろん、ファーウェイとアップルを圧倒している。カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチによると、シャオミは2016年だけみればインドで3%の市場シェアを誇り、サムスン電子の25%に達しなかった。

だが、地道にシェアを高めて、現在はインドで最も多い携帯電話を売る企業(シェア26%・2019年7-9月期基準)になった。「貧乏人のiPhone」というニックネームのように、20万ウォン台(約1万9000円)の低価格でも優れた性能を備えている製品がインド市場に広く受け入れられた。

低価格製品を販売していないサムスンは、シャオミとの競争構図に組み入れられるのはうれしくないが、インド市場だけはシャオミの牙城を突き崩さなくてはならない立場だ。人口14億の世界2位市場であり、まだスマートフォン普及率が20%台にすぎないため、成長の可能性が大きいためだ。実際、サムスンは最近、インドでスマートフォン・ディスプレー生産に約5億ドル(約550億円)を投資することを決め、今月初めにインド政府に投資計画書を提出した。これに先立ち、サムスン電子は2018年7月にインド・ノイダに7億ドルを投資して、スマートフォン工場を竣工した。

スマートフォン業界関係者は「シャオミがアンパックドイベントをあえて2年連続でサムスンと同じ日にぶつけてきたのも、インド市場を意識した側面が強い」としながら「サムスンとシャオミが同級で競争しているというイメージを浮き彫りにするための戦略」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国シャオミ、新製品を2年連続でサムスンと同日公開

    2020.01.22 16:53
    뉴스 메뉴 보기
    シャオミは新製品「Mi 10」をサムスンのアンパックド行事当日に公開する。[写真 シャオミ微博]
    TOP