주요 기사 바로가기

シャオミフォンの韓国販売会社「最大のライバルはサムスンでない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.23 14:04
0
「大陸の失敗」と呼ばれるシャオミは中国製品に対する認識を変えた最初の貢献者に挙げられる。「安くて品質が低い」という認識を「安くて品質も悪くない」に変えた。補助バッテリーなど小型電子機器で注目を集め、現在は世界市場シェア4位のスマートフォン製造企業に成長した。

韓国スマートフォン市場を眺めてきたシャオミが本格的な攻勢に出た。韓国の公式パートナーはジモヴィ(Gemovi)コリアだ。韓国でシャオミのスマートフォン販売を引き受けた会社はジモヴィコリアが初めて。シャオミは世界各国に支社を置く代わりに現地の会社を指定して販売を任せている。

21日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)ジモヴィコリアの事務室で会ったチョン・スンヒ代表は「韓国でシャオミの最大ライバルはサムスン電子ではなく海外からの直接購買」と語った。

「外産フォン(外国ブランドスマートフォン)の墓」と呼ばれる韓国市場は国内企業のシェアが圧倒的に高い。韓国スマートフォン市場の81%をサムスン電子とLGエレクトロニクスが占めている。にもかかわらずチョン代表は韓国でシャオミの最大のライバルに「海外購買」を挙げた。中国から希望する製品を直接購入する韓国消費者が多いということだ。

チョン代表は「正式通関手続き(KC認証など)に2、3カ月かかり、費用もかなりかかる」とし「一方、すでに巨大な産業になった直接購入で入ってくる製品にはいかなる検証手続きもない」と述べた。

先月韓国で公式発売した「RedMi(紅米)ノート5」は1カ月間に1万台ほど売れた。チョン代表は直接購入で韓国に入ってきたシャオミの物量はその倍以上とみている。チョン代表は「直接購入した製品はアフターサービスも受けられず、検証されていないため安全面で問題になることもある」とし「スマートフォンは常に身につける生活必需品であるだけに購入する時は慎重になる必要がある」と話した。

チョン代表は中国製品に対する否定的な認識に遺憾を表した。「シャオミ=ブランド」でなく「シャオミ=中国」と見るということだ。チョン代表は「良い製品は消費者が先に知るが、製品を製品としてのみ眺めてほしい」と語った。

中国市場でサムスン電子のシェアが急落したことについては「明確なポジションが必要」と助言した。チョン代表は「中低価格フォンから高価格フォンまでポートフォリオを広めるのもよいが、シャオミといえば価格と性能が浮き彫りになるように明確な強みがあれば中国市場シェアの回復にプラスになるだろう」と話した。

チョン代表は今後、シャオミのスマートフォン全製品を韓国で販売する計画だ。チョン代表は「負担なく購入できる低価格の製品から順に紹介した後、高価製品を出していく」と説明した。チョン代表は大元外高、高麗大を経て、中国上海交通大経営大学院で勉強した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    シャオミフォンの韓国販売会社「最大のライバルはサムスンでない」

    2018.08.23 14:04
    뉴스 메뉴 보기
    シャオミのスマートフォンを韓国で販売するジモヴィ(Gemovi)コリアのチョン・スンヒ代表が「RedMi(紅米)ノート5」を見せている。
    TOP