주요 기사 바로가기

韓国政界のハリス大使批判に…米国務省「立派な大使」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.20 10:47
0
米国務省のオルタガス報道官が、韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)と与党から攻撃を受けたハリー・ハリス駐韓米国大使について「全世界に出ている立派な大使の一人」と述べた。オルタガス報道官は17日(現地時間)、米シントンの国務省で中央日報のインタビューに応じ、このように明らかにした。対北朝鮮個別観光など南北協力で「米国との協議」を公開的に要求したハリス大使の発言は、米政府レベルの立場であることを表している。以下は一問一答。

--ハリス大使は北朝鮮個別観光について米国との協議を経て進めるべきだという立場を明らかにした。韓国政府はハリス大使の発言が「不適切だ」とし「主権」という言葉までが登場している。米国政府の立場は。

「まず、対北朝鮮制裁は国連安全保障理事会を通過した最も包括的な制裁の一部という点を忘れてはいけない。安保理加盟国がすべて同意して通過させた。したがってすべての国連加盟国がこうした制裁を遵守すると期待する。対北朝鮮制裁の効果を担保することが重要だ」

--しかし個別観光は対北朝鮮制裁に抵触しない。

「もちろんそうであり、適切な指摘だ。国務省はトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がシンガポールで互いにした約束を進展させ、モメンタムを維持することに集中している。これを進展させることが私たちの目標だ。私たちがシンガポール首脳会談の目標を進展させるのに集中できるよう、私たちの友人と同盟が米国を後押しすることを望む」

--ハリス大使の発言を支持すると考えてもよいのか。

「ハリス大使はポンペオ国務長官の信任を受けている。私たちはハリス大使が全世界に出ている立派な大使の一人だと考えている。ハリス大使の発言に重点を置くよりも、米国と韓国の広範囲な関係に集中することがさらに重要だと考える。言葉一つをめぐって対応する反論(tit-for-tat)は重要でない。重要なのは両国間の緊密な協力関係を維持することに集中することだ」

オルタガス報道官はこの部分でウォールストリートジャーナルに掲載されたポンペオ長官とエスパー米国防長官の共同寄稿に言及した。両長官が韓国に対して防衛費分担金をより多く負担すべきと主張した寄稿だ。ハリス大使の発言で騒ぐのではなく、防衛費分担金のような重要な問題を扱うべきという趣旨と解釈される。オルタガス報道官はこの寄稿の一読を勧めた。

--(韓国の)一部では、米国が巨額を要求するのなら在韓米軍を撤収させるべきという主張も出ている。心配ではないのか。

「今日の韓国人の自由と選択権を必ず享受できるよう米国人が戦って命を落とし、血を流したことを想起させたい。それだけ米国の人々は韓国の人々に献身している。私たちはあなたたちのために喜んで死ぬ」

--ポンペオ長官がサンフランシスコ韓米外相会談で康京和(カン・ギョンファ)外交部長官にホルムズ海峡での共同対応を要請した。

「トランプ大統領は国家の独立的な主権を重視する。我々は韓国政府が下す決定と熟考の過程を尊重する。その決定がホルムズ海峡とペルシア湾の安全にプラスになることを希望する」

--まだ韓国政府に失望していないということか。

「まだそうではない(笑)」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政界のハリス大使批判に…米国務省「立派な大使」

    2020.01.20 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    ハリス駐韓米国大使(左)、オルタガス米国務省報道官(右)
    TOP