주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民にまた人種差別…「細い目」の絵文字でSNS埋まる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.19 13:19
0
昨年末イングランドのプロサッカープレミアリーグ(EPL)チェルシー戦で人種差別を受けた孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)が再び人種差別の犠牲になったのではないかという指摘が出た。

最近2019-2020欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグが運営する公式インスタグラムに、「絵文字を使ってこのトッテナムのスターを描写してみよう」という内容の投稿が掲載された。

投稿には孫興民の写真4枚と孫興民が韓国出身であることを現わす「kr」も表記された。

該当の投稿が掲示されて1週間過ぎた18日現在で1万6000人を超える世界のサッカーファンがコメントを残した。

同じ期間に同じスペースに上げられた他の投稿などに2000件前後のコメントがついたのと比較すると「孫興民絵文字」の投稿は多くの人々の関心を引いている。

問題は該当の投稿を通じて孫興民に向けた人種差別的行為が行われている点だ。

コメントを登録したサッカーファンの相当数が孫興民を表現する絵文字に「細い目」を選んだ。

目をつり上げて細くするのは東洋人を見下す時に使う代表的な人種差別的動作だ。

赤いボールの絵文字とともに「レッドカード」「赤は彼のカードの色」と書いたコメントも登録された。

このように絵文字を通じた差別行為が続くと韓国のネットユーザーは該当投稿に「細い目の絵文字が本当に腹が立つ」「2020年なのに人種差別している」「管理しないならこうした投稿をなぜ上げるのか? 選手とファンは心が痛い」「人種差別する人は恥ずかしいと思え」などのコメントを残した。

これに先立ち孫興民は先月23日にロンドンで行われたチェルシーとの試合でも人種差別にあっている。

孫興民にどのような形の人種差別的行為がされたのかは明らかにされていないが、該当行為を犯したチェルシーファンはロンドン警察に逮捕された。

当時このニュースが大々的に報道され英国政府とサッカー界は人種差別行為を根絶すると約束したが、孫興民は1カ月ほどでまたグラウンドの外で再び人種差別の標的になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民にまた人種差別…「細い目」の絵文字でSNS埋まる

    2020.01.19 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    [2019-2020UEFAチャンピオンズリーグ公式インスタグラム キャプチャー]
    TOP